七日の王妃の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-七日の王妃-画像

韓ドラ 七日の王妃の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はパク・ミニョンです。

スポンサーリンク

七日の王妃はこんな韓国ドラマ

田舎で育ち街に憧れるチェギョンは、両親に内緒でひとり上京し、ヨクと最悪な出会いをする。
言い合いの末、ケンカ別れをした2人だったが、なんと後日、婚姻相手として紹介され再会。
始めは反発していたものの、共に過ごすうちに心を通わせていく。
一方、燕山君は物怖じしないチェギョンに興味を持ち、淡い恋心を抱き始める。
そんな中、ヨクとチェギョンはある事件を起こし、大激怒した燕山君は、結婚の約束をした2人を引き離してしまう。
ヨクとチェギョンの初恋と、燕山君の秘めた愛が絡みあう中、それぞれの運命の行方とは―?

七日の王妃の出演俳優

  • パク・ミニョン
  • ヨン・ウジン
  • イ・ドンゴン
  • チャンソン

七日の王妃の動画

七日の王妃のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 朝鮮王朝時代の1499年。
    国王の燕山君は王室の婚礼が干ばつ解消につながると聞き、異母弟のヨク(晋城大君)を側近シン・スグンの娘チェギョンと結婚させようとする。
    娘を都から遠ざけ、権力者との縁談を断ってきたスグンは困惑。
    だが何も知らないチェギョンは両親に逆らい男装で上京、ヨクと偶然の出会いを果たす。
    一方、スグンの権力拡大を恐れるイム・サホンは燕山君に、王位継承を巡る先王の遺言が秘かに残されているらしいと話す…。

  2. 王位を奪われる恐れを抱き、ヨクを追いつめる燕山君。
    継母であるチャスン大妃とヨクの自分への裏切りと取れる会話を耳にし、さらに怒りを露にする。
    剣士の姿で夜の街に出た彼は、偶然出会ったチェギョンから、幼い自分が宿に泊まれるよう兄のふりをしてほしいと頼まれる。
    ところが2人は宿の主人に薬を盛られ、監禁されてしまう。
    チェギョンの機転で脱出できた燕山君は「また会ったら願いを一つ聞く」と置手紙を残して立ち去るが…。

  3. ヨクとチェギョンはある村で、国王への献上米を盗んだ少年ソノが役人に突き出されようとしている現場に遭遇。
    自分には関係ないと放置しようとするヨクだったが、チェギョンに説得され、米を盗んだのは自分だと言ってソノの命を救い、村人に米を施す。
    2人に礼を言い、ヨクに命を差し出すというソノ。
    チェギョンを含めた3人は友の契りを結ぶのだった。
    一方、悪夢にうなされる燕山君は、早く先王の遺言を見つけるようサホンに命ずるが…。

  4. 日照りが続き飢餓に苦しむ民のため、燕山君は雨乞い祭を自ら執り行い大雨を降らせることに成功する。
    そんな中、ヨクとチェギョンはソノの家を訪ねるが、先王の遺言について知るソノの父は身の危険を感じて追い返す。
    その帰り道に2人は、ソノの父に接触する者を殺すよう命じられたサホンの部下に追われるが、何とか無事に逃げ切る。
    ヨクは明るく勇敢なチェギョンに惹かれて求婚し、チェギョンもヨクに指輪を渡して愛を誓うのが…。

  5. ヨクはソノの父を牢獄から救い出し、チェギョンやソノの助けも得て逃がすが、これはサホンとノクスが仕掛けた罠だった。
    ヨクは捕らえられ、燕山君に正当な判決を訴えるがついに投獄されてしまう。
    ヨクの命乞いをしようと王宮に忍び込んだチェギョンは、街で出会った剣士が実は燕山君だったと知る。
    「願いを1つ聞く」という約束を思い出し、ヨクと共に罪を償わせてほしいと申し出るチェギョンだったが、燕山君から思わぬことを聞き…。

  6. ヨクは燕山君や臣下の前で、ソノの父を逃がした罪はすべて自分にあると証言する。
    ヨクの母のチャスン大妃が命乞いをする一方、サホンやノクスは極刑にすべきだと主張するが、燕山君はヨクの身分を平民にし、流刑に処するのだった。
    必ず生きて帰ってくるとチェギョンに約束したヨクだったが、流刑地に送られる途中で刺客の襲撃を受ける。
    翌朝、ヨクが殺害されたという知らせを受けたチェギョンは、彼の亡骸を目にし泣き崩れるが…。

  7. ヨクは5年前に瀕死の自分を救ってくれたミョンヘの商団でソノと共に働いていた。
    王への献上品を積んだ船から荷を奪った彼は久々に都に戻り、燕山君の暴君ぶりを目にして復讐心を新たにする。
    一方チェギョンはお忍びで街に出た燕山君と偶然再会。
    酒場を借りて2人で燕山君の母ユン氏とヨクの法事を行う。
    たまたま隣の部屋にいたヨク2人に気づき衝撃を受ける。
    こっそり酒場を去ろうとした彼を見かけたチェギョンは思わず声をかけるが…。

  8. ヨクに似た男の姿を追い求めて街へ出たチェギョンは彼と再会。
    自分は王子ではないと否定するヨクだったが、突然チェギョンに口づけをする。
    腹を立てながらも激しく動揺し、彼がヨクではないかという期待を捨てきれないチェギョンは、本当にヨクではないならそれを証明してほしい、私を説得してほしいとヨクに迫るのだった。
    一方、海賊の人相書きから、ヨクが生きていることに気づいたサホンとノクスは、彼を始末すべく策謀を巡らせる…。

  9. ヨクが記憶を失ったのかもしれないと考えたチェギョンは、妓生たちの手を借りて美しく着飾り、彼を思い出の地へと連れて行く。
    ソノと3人で友の契りを交わした場所、ヨクがチェギョンを背負って渡った川、そしてヨクの墓…。
    ヨクは密かに幼き日を思い出すが、自分はナクチョンという名の別人だと告げ、辛辣な言葉を放ってチェギョンを傷つける。
    失意のチェギョンから涙ながらに「ヨクに似た男に会った」と告げられて燕山君は不安を抱く…。

  10. ついにナクチョンがヨクであると確信したチェギョン。
    その瞬間、2人はサホンの刺客に襲われ、洞窟に身を隠す。
    自分をだましたヨクを責めるチェギョンだが、彼に冷たく突き放され、翌朝1人で洞窟を出たところを捕まり投獄される。
    盗賊ナクチョンの素性を知らないと言い張るチェギョンを見て燕山君は、ヨクが生きていることを確信。
    サホンはチェギョンをおとりにヨクをおびき出そうとするが、その頃ヨクはミョンヘたちに監禁されていた…。

  11. チェギョンを助けるためにヨクが自らの身を危険に晒すのを見かねたミョンヘは、罪人となってチェギョンの監房へ。
    チャスン大妃から手渡された毒を飲ませてチェギョンを暗殺しようとするが、間一髪、看守の兵士として潜入していたソノに阻止される。
    しかし、チェギョンはサホンに連行され、ヨクをおびき出すために城門の上の柱に縛り付けられてしまう。
    その頃、チェギョンが自分とともに毒矢に射られていたことに気づいたヨクは…。

  12. ヨクからの知らせでチェギョンに死の危険が迫っていることを知った燕山君は、自ら彼女を救い出し、王宮に連れ帰って介抱する。
    ヨクは王宮に忍び込み、一命を取り留めたチェギョンに約束の証の指輪を返すのだった。
    そんな中、重臣たちの屋敷から財宝が盗まれるという事件が発生する。
    犯人は王への献上品を盗んだナクチョンたちと目され、彼らと一緒にいたチェギョンに非難が集まる。
    スグンは娘に代わって罰を受けると申し出るが…。

  13. チェギョンを救うため王宮に姿を現したヨク。
    心中穏やかでない燕山君だったが、臣下たちの前でヨクを抱き締め、表向きは弟を歓迎する。
    ヨクはチェギョンと自分の汚名をそそぎ、燕山君はヨクを王子に復位させるが、その陰で、ヨクを生きて戻って来させたサホンを激しく責め立てるのだった。
    ヨクがチェギョンと婚姻すると宣言する一方、チェギョンは父スグンから、自分が王室に嫁げば朝廷と王室が血に染まる、という予言について聞かされ…。

  14. ヨクやミョンヘ、ソノたち“タニシ”の活動に、ミョンヘの叔父でチャスン大妃の側近でもある重臣パク・ウォンジョンが合流。
    ヨクに忠誠を誓う者たちを引き連れ、燕山君を倒しヨクを王にする活動の陣頭指揮を執ると言い出す。
    一方ノクスは、チェギョンをヨクの動向を探るスパイにするよう燕山君に進言。
    そんな中、チェギョンは父スグンから、ヨクの身に起きた不幸な出来事は予言のせいかもしれないと聞かされ、彼に別れを告げようとするが…。

  15. 燕山君はヨクとチェギョンに婚姻せよとの王命を下し、スグンを味方につけたいチャスン大妃も了承する。
    その一方で燕山君はスグンに、ヨクが謀反を起こしたら自分とヨクのどちらにつくのかと問い詰め、スグンが裏切れば一族を皆殺しにすると告げる。
    自分と結婚すればヨクの身に危険が降りかかるのではないかと思い悩んだチェギョンだが、ヨクに励まされて予言に立ち向おうと決意。
    一方、燕山君はチェギョンへの恋心に気づき、苦悩するが…。

以上、韓国ドラマ 七日の王妃について紹介しました。