ロイヤルファミリーの動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-ロイヤルファミリー-画像

韓ドラ ロイヤルファミリーの動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はチソンです。

スポンサーリンク

ロイヤルファミリーはこんな韓国ドラマ

華やかな財閥を舞台に、愛と欲望が渦巻く。

ロイヤルファミリーの出演俳優

  • チソン
  • ヨム・ジョンア
  • チャ・イェリョン
  • キム・ヨンエ
  • アン・ネサン
  • キ・テヨン
  • ドンホ

ロイヤルファミリーの動画

ロイヤルファミリーのあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 検事ジフンは執拗な追跡の末自身が殺害容疑者であった事件を解決し、意気揚揚と法廷を出る。
    ドンホは、インスクにヘリコプターで帰って来たら一緒にこの国を離れようと話すが、コン会長はインスクにドンホをそそのかすなと警告する。
    孤児院の奉仕活動でジフンを見たインスクの顔に、はじめてうっすらと笑顔が浮かぶ。
    ドンホの死亡の知らせに、JKグループ一族は衝撃に包まれた。
    コン会長はインスクに婚前契約書を差し出し、今後インスクはJK一族とは一切の関係がないと言い渡した。
    葬儀場でインスクの現実を知ることになったジフンは衝撃と怒りでどうにかなりそうになり…

  2. コン・スンホ会長を訪ねて行ったジフンは、インスクを禁治産者に仕立て上げようとする計画について尋ねる。
    コン会長はインスクを呼び、直接このことを否定させようとする。
    再び自身を訪ねてきたジフンにコン会長は、JKグループに入ることを薦める。
    政界院に勤めることになったジフンは、今度は自分がインスクを政界院から解放させてあげる番だと話す。
    一方2011年JKグループ内部の目標達成のためにコン・スンホ会長は、有力大統領選候補である長兄の妻チン・スキャンを攻略対象に定め、成功させた人に持株会社になるJKクラブの社長を任せると宣言するが…

  3. JKグループに対するインスクの計画が実行された。
    コン会長は、JKの政治後援支援金に対する投書が発見されたという知らせに驚く。
    すぐに嫁らとヒョンジンを呼び、誰の仕業なのかと激しく追及した。
    この投書をきっかけに、JK一族はお互いを疑い始めることになる。
    ジフンは、ヒョンジンにチン・スキャンに関する情報を渡した。
    政界院に来たチンとインスクの親しい関係に全員がびっくりする。
    コン会長は、インスクにヒョンジンをチンの味方にしろという。
    これが成功すれば、ビョンジュンの親権と禁治産問題を解決してくれるというが…

  4. インスクはジフンを見て、しばらく昔の思いに浸る。
    ジフンは、インスクにもうすぐ後援者が明らかになるかもしれないから心の準備をしようと言った。
    しかし チウンの動画が原因で、JKはもう一度ひっくり返ることになる。
    ジフンとインスクの家で同じ本を発見したヒョンジンは、四葉のクローバーの形を合わせてみて驚く。
    ジフンの後援者がインスクであることを知ったヒョンジンは、二人にだまされていた事実に怒りを我慢できない。
    ヒョンジンはコン会長に話そうとしたがやめ、その姿を見たキドは安心する。
    ヒョンジンはジフンとインスクにこの事実をばらさない代わりに条件を出すが…

  5. インスクがジフンの後援者であるという記事に憤慨したコン会長は、二人を監禁しろとの指示を出す。
    インスクは、コン会長がビョンジュンまで利用して自分を排除しようとしていることにショックを受け、突然涙があふれてきた。
    ジフンは、閉じ込められる前にこっそりと持ってきたミンギョンの電話でチュンギと話そうとするが上手くいかない。
    ジフンは、インスクに近寄る姿に驚いた保安チームの人々が入ってきた隙を利用し、ヒョンジンの車に乗って脱出を成功させる。
    ジフンは、コン会長にインスクの禁治産者の申請資料をつきつけ、インスクを開放することを提案するのだが…

  6. インスクの登場に場内のすべての人々が驚いた。
    申し訳ないと話すインスクに、チン・スキャンは来てくれてよかったと声をかけた。
    インスクとジフンにインタビューの依頼が殺到し、JK一族は二人が出演した放送を見守った。
    コン会長は皆が集まった席でJKクラブ社長としてインスクを指名し、Kという呼び名も禁止させた。
    初出勤日、チョ会長とインスクの過去の写真がクラブの廊下の壁に貼られているのを見たインスクは戸惑う。
    しかしインスクは動揺せずに引き続き出勤するのだが…

  7. コン会長は、ユンソの実家であるクソンデパートで10年間独占入店することにした化粧品ブランドを、JKデパートに入店させる意向を明らかにした。
    インスクは、’キムマリ’の裏調査をするなどずっと自分に戦いを挑むユンソを降伏させるための計画をたてる。
    一方ジフンとヒョンジン、そしてインスクが共にJKデパート内のブランド誘致のために動き始める。
    実家と婚家の間で困難な立場になったユンソは、結局キドにインスクの部屋を盗聴してくれと要求するのだが…

  8. 家族らとJKクラブの株主らが集まった席で、コン会長はインスクを正式にJKクラブ社長に任命する意向を明らかにした。
    インスクに弱みを握られたユンソは、自分が持っている持ち分の一部をインスクに条件なしで譲渡すると言いだし、家族らを驚かせた。
    インスクの社長就任式の日、酒に酔ったユンソは暴れまわり、インスクはひそひそ話をする人々の中から自分に向けられる誰かの視線を感じるのだが…

  9. 苦痛な面持ちでドアを開けて出てきたが、そのまま消えてしまったジョニー。
    何の痕跡もなく消えたジョニーに、キドは不安になってしまう。
    レセプションパーティーに参加していたインスクは、消えたジョニーを探すため我を忘れて飛び回るが、キドに引き止められて戻ってくる。
    キドと共に、力なくレセプション会場に戻るインスクの姿を見たジフンは、二人に何かあるような感じを受けるのだが…

  10. 自身が持っているのと同じ熊の人形が殺害事件の証拠品であるという事実に驚いたジフンは、ジョニーの跡を追いかけ始める。
    一方コン会長はJKグループの持株会社を、インスクが率いるJKクラブから、他の系列会社に変える意向を明らかにする。
    一方謎の人物からの電話を受けとったジフンは、電話機の向こう側から聞こえてくる”キムマリ”という名前を耳にする。
    その時インスクはうれしくないお客を迎えることになるのだが…

  11. 何か違和感を感じたジフンは、キドとミジャを追いかける。
    キドはインスクに、ミジャを出国させたと知らせる。
    それを聞いたジフンは、ヒョンジンにキドの素性を教えてくれと頼む。
    なぜインスクを助けるのかと尋ねるユンソにキドは、憐れだからだと答える。
    隠密な会話をしていたインスクとキドは、部屋に誰かが近づく気配を感じすばやく話題を変えた。
    ジフンは耳を立てて聞いていたがそのまま降りて行った。
    インスクには、今回が本当に最後の戦いであるような確信があり、必ず勝利したいのだが…

  12. ジフンは、インスクがマリかもしれないと知り衝撃に包まれる。
    そしてジョニーが発見された公園をさ迷いジョニーが誰なのかを探すことを決心する。
    ジフンは、不安を隠そうとヒョンジンの前で無駄に明るくふるまう。
    インスクは、ファイルを持って来たユンソに準備を手伝おうかと尋ねる。
    ジフンは、インスクに幸せなのかと尋ね、無理にそうだと答えるインスクを見て悲しくなる。
    インスクと自身の間にある真実を明らかにするために、ジフンは直接出ていくと念を押すのだが…

  13. インスクはキドを通じ、コン会長が隠密に遺言の信託手続きを進行しているという情報を入手する。
    ミグンが持っていた資料の中に自身の姿を見て衝撃を受けたジフンは、なぜキムマリが事件の容疑者になったのかを問う。
    一方コン会長は、記者会見の席で、新しいJKグループの持株会社がJKメディカルであることを明らかにする。
    ジフンは、自分の母親はインスクが面倒を見ていたスンエであるという事実を知ることになるが…

  14. ジフンとスンエは今まで心に抱いていた思いを開放し、お互い申し訳ない思いを伝えた。
    スンエはジフンに、自分が元気な時にしておきたい話があると言い、インスクに関する話を始めた。
    インスクは、自身の尊厳のためにコン会長との戦いを固く決心する。
    ヒョンジンから、ジフンが実の母親を見つけたという事実を聞いたコン会長は、新しい計画をたてる。
    インスクとユンソは、ユンソが持ってきた盗聴テープを聞き、世論集めを計画するが…

  15. コン会長は、インスクを圧迫するためにジフンをジョニー殺害事件の殺害容疑者に仕立てあげる。
    思いがけない人物を証人として出し、ジフンに不利な証言をさせる。
    苦しんでいたインスクは、悩んだ末コン会長を訪ねて行くが…

  16. インスクからの手紙の内容を確認したコン会長は、ひどく悩まされる。
    それを見たヒョンジンは、普段とは違うコン会長の姿に疑問を持つ。
    トンジンは、政界院に攻め込んできた暴力団がキドの手下であることを知り、インスクはキドをアメリカに送る決心をする。
    一方ジフンはキドからの電話を受けとるが…

  17. ジフンに、これ以上わたしの人生に関わらないでほしいと訴えるインスク! しかしジフンは、インスクの無罪を立証するから自分を信じてほしいと伝える。
    インスクの計画通り、トンジンは召還調査を受けることになる。
    インスクはコン会長を訪ね、手紙に対する答えを要求する。
    一方コン会長の計画が何かを知ることになったヒョンジンは驚きに耐えきれず…

  18. コン会長に対し、全て打ち明けろと迫るジフン! JK家の弱点を並べ、去就を決めろとコン会長を脅迫する。
    怒りと絶望に満ちたコン会長は、インスクを訪ねJKグループ会長就任の準備をしろと話す。
    コン会長辞退の事実が言論を通して伝えられる中、インスクは就任式を準備するが…

以上、韓国ドラマ ロイヤルファミリーについて紹介しました。