フルハウスTAKE2の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-フルハウスTAKE2-画像

韓ドラ フルハウスTAKE2の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はファン・ジョンウムです。

スポンサーリンク

フルハウスTAKE2はこんな韓国ドラマ

アジアで大ヒットした韓国ドラマ「フルハウス」の第2弾!「パスタ」や「僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉」などで大注目のノ・ミヌが出演するロマンティック・ラブコメディ!注:本編は吹替版となります。
2004年にピ(RAIN)とソン・ヘギョの共演で大ヒットした韓国ドラマ「フルハウス」の第2弾!「パスタ」や「僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉」などで大注目のノ・ミヌが出演し、ファン・ジョンウム、パク・ギウンとの豪華共演が話題のロマンティック・ラブコメディ!アーティストとしても活躍するノ・ミヌが、アイドルユニット「TAKE ONE」のイ・テイク役として、演技だけではなくパフォーマーとしての魅力も発揮している。

チャン・マノク(ファン・ジョンウム)は、借金を返すためにアイドルユニット「TAKE ONE(テイク・ワン)」のスタイリストをすることに。
「TAKE ONE」は完璧主義者なイ・テイク(ノ・ミヌ)と優しい性格のウォン・ガンフィ(パク・ギウン)の2人組。
最初はガンフィの優しさに魅かれていたマノクだが、徐々にテイクの本当の姿を知り・・・。
果たして3人の恋のゆくえは!?

フルハウスTAKE2の出演俳優

  • ファン・ジョンウム
  • ノ・ミヌ
  • パク・ギウン
  • イ・フン
  • キム・ビョンセ
  • イ・スンヒョ
  • ユ・ソラ

フルハウスTAKE2の動画

フルハウスTAKE2のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 両親を亡くした少女チャン・ミシェル(ファン・ジョンウム)は、合気道場を営む祖父に預けられ、道場の名前を取って”チャン・マノク”と名付けられる。
    マノクは立派な邸宅”フルハウス”でのパーティーで同じ年頃の男の子、イ・テイク(ノ・ミヌ)と出会う。
    10数年後、テイクは人気アイドルデュオ”TAKE ONE”のメンバーとして活動していた。
    しかしその傲慢な性格のせいで、もう1人のメンバー、ウォン・ガンフィ(パク・ギウン)ともぶつかってばかり。
    一方、合気道の師範となったマノクだったが、本当の夢はデザイナー。
    祖父が修練の旅で不在の隙に、親友ハン・ガリョンと洋服のネットショップを始める。
    ある日、マノクは買い付けの帰りに、ガンフィとテイクに遭遇し・・・。

  2. 道場「満屋館」でマノク(ファン・ジョンウム)と再会したテイク(ノ・ミヌ)は、脱臼した腕をマノクに治してもらう。
    “TAKE ONE”のファン・ミーティングに行くお金を稼ぎたいガリョンは、その時に撮ったテイクの写真を利用して満屋館の生徒募集のチラシを作成。
    すると申し込みが殺到し、マノクからお金をせしめることに成功する。
    だが情けない姿の写真を無断使用されたことに怒ったテイクは、所属事務所の社長LJ(イ・ジュン)にサイトを閉鎖させるように言う。
    マノクの元にやってきた事務所の室長ファン・ボムスは、マノクにサイトの閉鎖と示談金300万ウォンを要求するが・・・。

  3. マノク(ファン・ジョンウム)はガンフィ(パク・ギウン)に誘われ、黒ずくめの衣装で顔まで隠し、外国人だと偽って”TAKE ONE”のスタイリストになる。
    初仕事でテイク(ノ・ミヌ)のファッションがマスコミに褒められたことで、テイクは新任スタイリストに満足し、契約書にサインをする。
    だがマノクが、テイクの住む”フルハウス”でサウナを楽しんでいると突然テイクが帰宅する。
    スタイリストが実は天敵のマノクであることを知ったテイクだが、すでに契約済みのためクビには出来ない。
    マノクを自分から辞めると言わせようと、テイクはマノクが提案する衣装をことごとくボツにするが・・・。

  4. “TAKE ONE”のファン・ミーティング当日。
    ガンフィ(パク・ギウン)とテイク(ノ・ミヌ)はいつものように反目し合いながらも、何とかイベントを終える。
    しかし、後片付けの最中、ショップから借りた高級な腕時計が、ファンのプレゼントの中に紛れ込んでしまう。

    自分の不注意で高級腕時計を紛失してしまったマノク(ファン・ジョンウム)を叱りつけるテイクだが、偶然その腕時計を見つける。
    なかなかマノクに切り出せずにいたテイクが時計を渡すと、マノクは大喜び。
    その姿に自分でも気づかぬうちにマノクに惹かれていることを意識するテイクは・・・。

  5. CMの撮影現場で、テイク(ノ・ミヌ)はスポンサー会社の本部長となった幼なじみと再会する。
    マノク(ファン・ジョンウム)は幼なじみとその婚約者が、陰でテイクの悪口を言うのを聞き、2人を投げ飛ばしてしまう。
    テイクはマノクが自分のために手を出したことを知り、現場から消えたマノクを探しにいく。
    だが、撮影現場に戻るのが夜になり、2人は図らずも一夜を一緒に過ごすことになる。
    翌朝、ボムスの協力でなんとか現場から抜け出すが、2人の写真を何者かに撮られてしまっていた・・・。

  6. CMスポンサー会社の本部長をつとめる幼なじみを殴ってしまったテイク(ノ・ミヌ)は、事務所の社長LJ(イ・ジュン)に呼び出される。
    そこで謝罪することを促されたものの、テイクはその場を立ち去る。
    そんな中、テイクはマノク(ファン・ジョンウム)を食事に誘い、高級レストランに連れていく。
    一方、バーにいたガンフィ(パク・ギウン)はマノクに電話をかけ、「来てほしい」と言うが、テイクはマノクを行かせない。
    そして泥酔したガンフィは後輩歌手のジェイの策略にはめられ、男性とベッドにいる写真を撮られてしまう・・・。

  7. 同性愛スキャンダルのために事務所”Uエンター”を解雇されたガンフィ(パク・ギウン)。
    ジェイを犯人だと思ったガンフィは彼を問い詰める。
    が、ジェイは写真を流したのは社長のLJ(イ・ジュン)の仕業だと言う。
    マノク(ファン・ジョンウム)とガンフィは、無実の証拠の音声レコーダーを捜すために”フルハウス”に忍び込むが、そこにテイク(ノ・ミヌ)が帰ってくる。
    慌てたガンフィは階段を転げ落ち、全治4週間のケガを負ってしまう。
    ガンフィは仕方なく、当分の間地下室に隠れて住むことになる。
    そんな中、芸能記者のジソンの仕業で、ガンフィの同性愛の相手はテイクだとのスキャンダルが浮上し、テイクのソロデビューが危うくなる・・・。

  8. 気を失ったマノク(ファン・ジョンウム)を抱きかかえて放送局を出るテイク(ノ・ミヌ)。
    その様子が撮られ、熱愛スキャンダルへと発展する。
    LJ(イ・ジュン)はテイクの同性愛疑惑を払拭するためにこの熱愛報道を利用し、マノクとテイクを婚約させようとする。
    マノクは示談金を帳消しにしてもらうため、テイクは”フルハウス”を取り戻すため、仕方なく偽装婚約に同意する。
    しかし、この事実を知ったマノクの友人ガリョンはファン仲間のノラと共に、とんでもない行動を取る。

  9. テイク(ノ・ミヌ)の婚約発表にショックを受け大騒ぎのファンたち。
    テイクはファンからマノク(ファン・ジョンウム)を守るため、マノクを”フルハウス”で同居させることにする。
    一方ガンフィ(パク・ギウン)は、テイクとマノクが婚約し一緒に暮らしていることが面白くない。
    そんな中、突然”フルハウス”にやってきた世界的スター、ジン・セリョン。
    マノクはガンフィから、セリョンが以前テイクと交際していたことを聞き驚く。
    セリョンは昔のように接するが、テイクは冷たく突き放す。
    そんなある日、セリョンが偶然に地下室を開けてしまった・・・。

  10. セリョン(ユ・ソラ)が偶然に地下室を開けてしまい、ガンフィ(パク・ギウン)が隠れて住んでいたことがテイク(ノ・ミヌ)にもバレてしまう。
    ガンフィは捜し物が見つかったら出ていくと言うが、テイクはマノク(ファン・ジョンウム)がガンフィを匿っていたことに納得できない。
    そんな中、セリョンはテイクとマノクの婚約が偽装であることを知り、テイクにやり直したいと告げるが、あっけなく断られる。
    腹を立てたセリョンは、記者を呼びテイクとマノクの秘密について話してしまう・・・。

  11. セリョン(ユ・ソラ)は記者にテイク(ノ・ミヌ)とマノク(ファン・ジョンウム)の婚約が偽装だという証拠写真を渡し、スキャンダルにする。
    その後、テイクとマノクがデートを楽しんでいると、カフェで偽装婚約に腹を立てたファンたちにマノクが襲われる。
    テイクはマノクを庇うためファンを突き飛ばしてしまい、騒ぎはさらに大きくなる。
    LJ(イ・ジュン)は事態を収拾するために、すべての罪をマノクに被せようとする。
    怒ったテイクは記者会見で真実を話し、責任を取ってUエンターを辞めると告げる。
    そして、テイクは逃げるように母が住む日本へ向かう・・・。

  12. LJ(イ・ジュン)から事務所に戻ってくるよう言われたガンフィ(パク・ギウン)は、マノク(ファン・ジョンウム)をスタイリストにすることを条件に、Uエンターに戻ることを決意する。
    一方、テイク(ノ・ミヌ)を連れ戻すために日本にやってきたボムスとマノクだが、テイクはまったく帰ろうとしない。
    1人で出かけるテイクを見かけ、マノクは思わず追いかける。
    いつしか心を通わせ、つかの間の日本観光を楽しむ2人。
    同じ頃、映画祭に出席するためにガンフィとセリョン(ユ・ソラ)も香川県を訪れていた。
    テイクは、ボムスやマノクの説得、そして日本のファンの声援を受け、韓国に帰り活動を再開する決意をする・・・。

  13. ボムスやマノク(ファン・ジョンウム)の説得に応じて、韓国での活動を再開する準備に入るテイク(ノ・ミヌ)。
    だが住む家を探さなければならない。
    そこでボムスの家に居候することになったが、住環境に敏感なテイクにとっては耐えられる場所ではなかった。
    一方マノクはLJ(イ・ジュン)から、ガンフィ(パク・ギウン)のスタイリストとして復帰しないなら、示談金を払えと言われる。
    偽装婚約で帳消しになったはずだと訴えるが、口約束は無効だとLJは取り合わない。
    そんなマノクの状況も知らず、ボムスの家に耐えられなくなったテイクは満屋館に居候することに・・・。

  14. 偶然マノク(ファン・ジョンウム)の誕生日を知ったテイク(ノ・ミヌ)は、サプライズでお祝いをする。
    酒を飲みマノクに告白するテイク。
    マノクもテイクを好きだと言うが、酔ってそのまま眠ってしまう。
    翌朝、旅に出てしばらく戻らないはずのマノクの祖父が帰宅し、テイクが居候していることがバレてしまう。
    何とかボムスの助けもあって居候することを認められたテイクは、話があるとマノクを呼び止めるが、マノクは前日のことを何も覚えていない。
    そこにガンフィ(パク・ギウン)がやって来て、2人が一緒に暮らしていることを知ってしまう・・・。

  15. ガンフィ(パク・ギウン)から頼まれて社長室から携帯を持ち出そうとしたマネージャーのゴドンは、社長のLJ(イ・ジュン)に見つかり解雇されてしまう。
    ゴドンに泣きつかれたボムスはアパートを引き払い、一緒に満屋館に転がり込む。
    マノク(ファン・ジョンウム)は、LJと示談金の問題を解決するためUエンターを訪れる。
    そこでマノクの話を盗み聞きしたセリョン(ユ・ソラ)は、テイク(ノ・ミヌ)が満屋館にいることを知り会いに行く。
    だが、テイクに冷たくあしらわれたセリョンは、マノクにガンフィが視力を失いつつあることを告げる。
    ガンフィに会ったマノクは、セリョンの話が本当なのかどうか尋ねるが・・・。

  16. ガンフィ(パク・ギウン)の目のことを知ったマノク(ファン・ジョンウム)は、ガンフィのスタイリストに復帰し中国の撮影について行く。
    テイク(ノ・ミヌ)はマノクがガンフィのスタッフに戻った事にショックを受けるが、中国にいるマノクを訪ねて再度気持ちを伝える。
    そして夜、自分の泊まっているホテルに来るよう告げる。
    一方、ガンフィは母親に説得され病気の父親を訪ねるが、母親違いの妹に罵倒される。
    やりきれない気持ちになったガンフィは、夜の街中にマノクを呼び出す。
    テイクとの約束の時間が迫っていたマノクだが、心配でガンフィのもとへ向かい・・・。

  17. テイク(ノ・ミヌ)との約束の時間が迫っていたが、心配でガンフィ(パク・ギウン)のもとへ向かったマノク(ファン・ジョンウム)。
    一方、テイクはマノクをただ待ち続けるが、なかなか約束の場所に現れない。
    翌日、ファッションショー会場の楽屋でマノクとガンフィの姿を見たテイクは、その場を立ち去る。
    そしてマノクとすれ違ったまま、テイクは韓国に戻った。
    再起に向け意気込むテイクに、ボムスはゴドンとデュオを組むことを提案する。
    一方、ガンフィも活動再開に向け準備を進めていた・・・。

  18. いよいよガンフィ(パク・ギウン)の新曲披露という時に、音源に問題があることが発覚し、発売延期を余儀なくされる。
    そこでLJ(イ・ジュン)は裏で手を回し、テイク(ノ・ミヌ)たちの新曲披露のステージも中止させる。
    肩を落とすテイクたちのもとに、対戦サバイバル形式の歌番組への出演話が舞い込む。
    意気揚々とテレビ局に向かうテイクたちだが、対戦相手の名前を聞き愕然とする。
    何と対決相手がガンフィだったのだ。
    ボムスは話を蹴るが、LJの妨害で次々に他の番組の出演を断られてしまう。
    そんなLJにテイクは、対決番組に出演するための条件を出す・・・。

  19. ガリョンの嫉妬によりマノク(ファン・ジョンウム)が偽装結婚していたこと、道場を守らずスタイリストをやっていたことが、祖父にバレてしまう。
    だが、マノクは「私を信じて欲しい」と祖父を説得し、ガンフィ(パク・ギウン)のスタイリストを続ける。
    そして対決当日。
    ガンフィは本番前にほとんど目が見えなくなってしまう。
    マノクから聞いたテイク(ノ・ミヌ)は、ガンフィに無線機を渡して彼のステージを助ける。
    そんなガンフィは歌う曲を急きょ変更する。
    一方、テイクたちは自作の曲を披露する。
    果たして勝つのはどちらか・・・?

  20. ステージで倒れ、病院に運ばれたガンフィ(パク・ギウン)。
    彼が失明の危機にあることはすぐに報道され、LJ(イ・ジュン)は記者会見を開くことに。
    しかし会見当日、マスコミは誰一人集まらなかった。
    Uエンターのソ会長が会見を中止させていたのだ。
    これまでのLJの横暴にソ会長はついに激怒し、解雇を言い渡す。
    ガンフィは目の治療のため中国に行く。
    果たしてガンフィの目は治るのか・・?また、テイク(ノ・ミヌ)はLJからフルハウスを取り戻せるのか・・?そして、テイクとマノク(ファン・ジョンウム)の恋の結末は・・・!?

以上、韓国ドラマ フルハウスTAKE2について紹介しました。