シンイ-信義-の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-シンイ-信義--画像

韓ドラ シンイ-信義-の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はイ・ミンホです。

スポンサーリンク

シンイ-信義-はこんな韓国ドラマ

西暦1351年、高麗時代。
新しく即位した若き王、恭愍王(リュ・ドックァン)一行は、チェ・ヨン(イ・ミンホ)率いる近衛隊に護衛され元から帰国。
途中、刺客に襲われ王妃が負傷する。
あらゆる病を治す伝説の”神医(シンイ)”でなければ命は救えないという侍医の判断を聞き、チェ・ヨンは神医を求めて天界へ繋がる “天の穴”に入り込む。
ヨンが辿り着いたのは、2012年のソウル…。
そこで、ひょんなことから整形外科医のユ・ウンス(キム・ヘソン)に出会う。
彼女を神医と勘違いしたヨンは、高麗へと強引に連れて行く。
訳もわからぬまま王妃の手術をしたウンスは、どうにか元の世界へと帰ろうとするが、王命により引き留められ、天の穴も塞がってしまう。
さらに、ウンスが握った剣によりヨンが瀕死の重傷を負い……。

シンイ-信義-の出演俳優

  • イ・ミンホ
  • キム・ヒソン
  • リュ・ドックァン
  • イ・フィリップ
  • ユ・オソン

シンイ-信義-の動画

シンイ-信義-のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 西暦1351年。
    高麗の王、恭愍王(コンミンワン)の一団は元からの帰国する道中、刺客に襲われ、王妃が重傷を負う。
    救えるのは神医のみという侍医の診断を聞き、王の側近は神医がいる天界に通じる天門を見たと話す。

    近衛隊隊長チェ・ヨンは王命を受け、天門に入っていくが、そこは2012年のソウルだった。
    神医を探す中、美容整形外科医のウンスに出会う。

  2. ウンスを「天の医員」と思い込み、高麗へ連れて行くヨン。
    わけのわからぬウンスだが、王妃の命を助ければ元の場所に帰すとヨンに言われ、渋々王妃の傷の手当をする。

    手術を終えたウンスは必死で逃げ出すが、町を彷徨う中、刺客に捉えられてしまう。
    ウンスを探しに町に出たヨンは、王がいる宿を刺客が襲撃に向かったと知る。

  3. ウンスの剣を受け、瀕死の状態のヨンを、ウンスは必死の思いで手術する。
    目が覚めたヨンは絶対安静だと止めるウンスの話も聞かず、王と王妃を連れ、高麗へと向かう。
    だが皇宮に着くも臣下の姿が見えず、不審に思う王。

    忠臣たちが毒殺されていたことが判明し、権力者キ・チョルを怪しむ王は、ヨンに事件の解明を命じる。

  4. 王から国の医仙になってほしいと頼まれたウンスは、天門が閉じてしまったことを知る。

    一方、ウンスが天から来たことを疑う者がいることを知り、彼女の身の危険を察するヨンだが、傷が癒えず体調は深刻な状態だった。
    そんな中、ヨンと王の会話を聞いたウンスは、ヨンが悲しい過去を背負って生きていることを知る。

  5. 参内したキ・チョルはウンスを妖魔呼ばわりする。
    そんなキ・チョルに脅しで返すウンス。

    一方、手を尽くしたにもかかわらず、ヨンの意識は一向に戻らない。
    ヨンには生きる意志がないのだった。
    そんな中、キ・チョルは王を訪ね、王のために臣下を暗殺したと話す。
    そして、家にいる病人のためウンスを招きたいと言い出すが…。

  6. ウンスを助けに行ったヨンは、キ・チョルに王命ではなく恋い慕う人を連れ戻すために来たと告げる。
    王とウンスの命を賭けているキ・チョルは、ウンスに江華島に幽閉されている先王・慶昌君(キョンチャングン)の病を治すよう話し、ヨンに同行を命じる。

    兄弟のように親密だった慶昌君のもとに向かわせるキ・チョルの狙いを怪しむヨンだが…。

  7. 謀反を企てたように仕組まれ、追われたヨンは、慶昌君とウンスとともに山小屋に隠れる。
    体の痛みを訴える慶昌君を明るく元気づけるウンスを目にし、笑みがこぼれるヨン。

    そんな中、江華島の郡守の遣いが現れ、ヨンは郡守の元に身を寄せることに。
    だが、ヨンとウンスが食事をしている間に慶昌君の部屋にはキ・チョルが訪れ…。

  8. キ・チョルにより謀反の濡れ衣を着せられ、捕らえられるヨン。
    牢獄に入れられたヨンは、毒で苦しむ慶昌君を楽にさせようと刺したこと、それをウンスに責められたことを思い出し、苦しむ。

    一方、ウンスはヨンを助けるため、キ・チョルと取引をすることに。
    そんなウンスにキ・チョルは、心をくれるならヨンを助けると話す。

  9. 大臣たちの前で高麗王としての気概を見せる王。
    さらに、これまでの功績を認めるとして、ヨンが率いる近衛隊に特権を与える。
    ヨンは王の忠臣を得るべく、まずはキ・チョルのもとにいるウンスの気持ちを確認するため彼女に会いに行く。

    キ・チョルからヨンを殺すと脅されているウンスは、自分は大丈夫だとヨンに伝えるが…。

  10. 千年前の神医の手帳に自分が書いたと思われる文字と自分の名前が残されているのを見て、動揺するウンス。
    手帳に現代へ戻る手掛かりがあると推測するが、キ・チョルに取り上げられる。

    一方、ヨンは王の忠臣になり得る在野の人材の名簿を作り上げていた。
    そんな中、ウンスはヨンにこれまでの礼を告げ、自力で現代に帰ると言い出す。

  11. ヨンと王が作った名簿を奪い、そこに記された人材を殺めていくキ・チョル。
    取引としてウンスの名を出され、危険を感じたヨンは彼女を助けに向かう。
    キ・チョルの舎弟に、お前の一番大事な人を殺すと脅されたウンスは、現れたヨンを冷たく振り払う。

    笑わなくなったウンスを案じるヨン。
    ウンスは自力で現代へ帰ろうとし…。

  12. ウンスの手帳を手に入れるため罠をかけてキ・チョルを待つヨン。
    決死の覚悟でキ・チョルに立ち向かうが、そんな2人の前にウンスが現れる。
    命がけでヨンを守ろうとするウンスに、退くしかないキ・チョル。

    そして、ヨンは死のうとしないでと泣くウンスに、二度と無駄に命は賭けないと誓う。
    そんなヨンにウンスは、共に戦うパートナーになろうと話す。

  13. ウンスの手帳を持って現れた王の叔父、徳興君(トックングン)がキ・チョルの遣いと知り、突き放すウンス。
    ヨンは市場に出かけたウンスと合流するが、そこで徳興君と遭遇し、ウンスが自分のために手帳の話を伏せていたことを知る。

    さらに、彼女が毎晩悪夢にうなされていることを知ったヨンは、手帳を取り戻すため、徳興君に取引を持ちかける。

  14. ヨンは収賄の疑いが掛けられ、真相が明らかになるまで職務を剥奪される。
    王の寵愛を受けるヨンを煙たがる重臣たちの計略だった。
    一方、ウンスは手帳に残された数字から天門が開く時を解こうとしていた。

    そんなウンスに宮を発つ準備をするよう話すヨン。
    そして、王による尋問が始まり、かばおうとする王の前でヨンは・・・。

  15. ウンスの体は毒に冒され、瀕死の状態に。
    毒を仕込んだ徳興君のもとに走るヨンだが、徳興君は解毒剤との引き換えに王の印、玉璽(ぎょくじ)を奪ってくるよう条件を出す。

    ヨンは脱獄した身でありながら宮に潜入し、王にウンスの命を助けるために玉璽を渡してほしいと請う。
    願いが受けられなければ奪うだけというヨンに王は憤慨し・・・。

  16. 徳興君の策略で皇宮が襲われ、ヨンは王を外へ逃がすことに。
    まんまと玉座を奪う徳興君。
    ウンスはヨンが亡くなる夢にうなされ、彼の身に何か起こるのではと不安で仕方ない。

    手帳に書かれた内容に彼を助ける鍵があるかもしれないと考え、ヨンと共に手帳を持つキ・チョルに会いに行く。
    だが手帳は徳興君に奪われており…。

  17. 手帳に書かれた内容からヨンの危険を知ったウンスは、徳興君に助けを求める。
    そしてヨンを助けるかわり、婚姻を要求する徳興君に従うことに。
    一方、高麗独自の玉璽を得た王は、王命としてヨンの復職を決め、官職を与える。

    そんな中、ヨンのもとにはウンスの婚姻の話が。
    急いでウンスのもとに向かったヨンは理由を問い詰める。

  18. 徳興君の前でウンスにキスをし、2人の婚儀を阻むヨン。
    徳興君の命で投獄されるが、禁軍を味方につけていたヨンは脱獄、キ・チョルの襲撃から逃走中の王のもとに向かう。
    キ・チョルに見放された徳興君は、身を守るため故意にウンスを解放する。

    ウンスが戻り、安堵するヨンだが、ウンスは徳興君から新たな毒を仕込まれており・・・。

  19. 元がウンスの身柄を要求していると知ったヨンは、ウンスを皇宮から逃がす。
    その頃、王は元の使臣から国の存続の条件としてウンスの処刑を提案されていた。

    ウンスと逃げるよう王命を伝えられたヨンは、皇宮には二度と戻らぬ覚悟でウンスと共に天門を目指す。
    キ・チョルは2人に懸賞金を掛けて、必死で行方を捜させるが・・・。

  20. ウンスは岩陰に隠されていた未来の自分からの手紙を発見する。
    今戻れば王妃を助けることができると書かれた手紙を読み、ヨンを説得して皇宮に戻ろうとするウンス。

    一方、外出していた王妃が消え、王は激しく動揺する。
    徳興君の仕業と察するが何の証拠もなく、なすすべがない。
    そして、ヨンとウンスも王妃がさらわれたことを知る。

  21. ウンスは一番安全な場所だからと近衛隊宿舎のヨンの部屋に寝泊まりすることに。
    そんなウンスにヨンは、解毒薬を見つけ命が助かる保証ができたら、その時は自分のそばに残ってほしいと話す。

    だが、天典寺(チョニン)が襲撃され、培養中の解毒薬を守ろうとしてチャン侍医が命を落とす。
    自分のせいだと落ち込むウンスをヨンは慰める。
    ※天典寺 王の治療を行う官庁

  22. 近衛隊宿舎が襲撃に遭い、手術器具が盗まれた上、培養中だった最後の解毒薬がダメにされてしまう。
    自分が死んでしまった後のヨンを思い、胸を苦しめるウンス。

    そんな中、王はヨンを連れて徳興院がいる征東行省(せいとうこうしょう)に。
    だが、キ・チョルが徳興院を擁立して政変を起こし、王を守るため戦うヨンは剣を握る手に異常を感じる…。

    ※ 征東行省:元が高麗に設置した機関。
    高麗の政治と軍と政を統括する。

  23. ヨンはウンスの命を助けるため、もといた世界に帰そうとするが、ウンスはヨンを残して戻れば耐えられないと話す。
    残された時間、できる限り一緒に過ごそうとするヨン。

    一方、キ・チョルはウンスに会うため皇宮に現れる。
    そんな中、ウンスは発熱し、毒を飲んで毒を解毒するという危険な方法をとることに。
    反対するヨンだが・・・。

  24. ウンスを連れてこいと要求するキ・チョルに、1対1で戦いを臨むヨン。
    その頃、目を覚ましたウンスは、熱も下がり命が助かったことを知る。
    だが、ウンスの前にはキ・チョルの手下が現れ、さらわれてしまう。

    ウンスが消え、天門へと連れて行かれたと察したヨンは、耐えきれず後を追う。
    そして、ついに彼女を見つけ出すが・・・。

以上、韓国ドラマ シンイ-信義-について紹介しました。