第3病院の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-第3病院-画像

韓ドラ 第3病院の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はオ・ジホです。

スポンサーリンク

第3病院はこんな韓国ドラマ

韓国で初めて西洋医学と韓医学の協力診察システムを全面的に導入した国立ソハン病院が設立された。
開院式当日、病院に向かう途中の神経外科医ドゥヒョンは 交通事故で頭部に重傷を負った男性を救出、衆人環視のなか難手術に成功する。
一方、山の中で薬草を採取してから病院に駆けつけた韓方医のスンヒョンは、担 ぎ込まれた意識不明の子どもの命を救うため、気管挿管をしたことが越権行為とみなされ、いきなりの減給処分を受ける。
実はドゥヒョンとスンヒョンは高名な 医師の父親をもつ兄弟だが、幼少時から互いに葛藤を抱え、10年前のある事件以来、絶縁状態だった。
病棟で再会した二人は、治療方針の違いからさっそくいがみ合い、もともと医療に対する考え方が根本的に違う西 洋医学チームと韓医学チームは、協力どころかことあるごとに対立を深めていく。
そんななか、韓方医を父にもつドゥヒョンの弟子ヘインは、最悪の出会から衝 突ばかりしていたスンヒョンが、鍼一つで患者の病状を劇的に改善していく様子に目を見張るのだった。
そんなとき、ドイツに音楽留学していたヴィオラ奏者の ウィジンが帰国。
高校時代からスンヒョンを一途に愛するウィジンは、スンヒョンの家に居候を決め込むが、スンヒョンはウィジンを妹のようにしか見ない。
や がてスンヒョンの温かさに惹かれていくヘイン。
ヘインを厳しく指導しながら実は憎からず思っていたドゥヒョンは嫉妬を押し隠す。
そして、ドゥヒョンとの再 会によって愛する人を失った過去の悲しみを呼び覚まされるスンヒョン。
複雑に絡み合う4人の愛の行方は? 西洋医学と韓医学が理解しあう日はくるのだろうか?!

第3病院の出演俳優

  • オ・ジホ
  • キム・スンウ
  • チェ・スヨン
  • キム・ミンジョン

第3病院の動画

第3病院のあらすじを最終回までネタバレ全話公開

  1. 韓国で初めての西洋医学と漢方医学の協診を掲げるソハン病院が開院式を迎えた日、2人の医者が注目を集めることになる。
    1人は交通事故の怪我人を劇的に救い出した脳神経外科医のキム・ドゥヒョン。
    もう1人は漢方医でありながら気管挿管を施し、幼児の命を救ったキム・スンヒョン。
    ただドゥヒョンをはじめとした西洋医は、根拠の不足した漢方自体が目障りで仕方がなく、西洋医と漢方医の争いの幕が切って落とされるのだった。

  2. ドゥヒョンから脳の手術を受けた大学の音楽講師は、術後の後遺症から指の自由が利かなくなりヒステリーを起こしたあげく鍼治療を求める。
    それに対してスンヒョンは担当医師からの要請が必須だと言って一度は断るのだが、患者の母親からの執拗な要請に負けて治療を施すことになる。
    一方のドゥヒョンは、自分の医学的な所見を無視して勝手に漢方治療が進められた事実を知った結果、激怒してスンヒョンの元を訪ねてくるのだった。

  3. 大きな荷物とビオラを持って帰国したウィジンは、その足でソハン病院のスンヒョンを訪ねるのだが間違えてドゥヒョンの研究室に隠れてしまい一騒動を起こしてしまう。
    そんな中、腫瘍が脳を圧迫しているため発作を起こした患者が担ぎこまれるのだが、人格障がいと、その発する言葉に医者たちはゾッとすることになる。
    一方、スンヒョンの勝手な漢方治療に対してドゥヒョンは再び激怒し、両者は一触即発の危機を迎えることになる。

  4. 脳出血で倒れた妊婦を手術したドゥヒョンは、その体に打撲傷を見つけて家族を疑うのだった。
    一方、ドゥヒョンとスンヒョンの衝突後、冷戦状態だった西洋医と漢方医だったが、スンヒョンが後輩に対して無意識に放った一言が漏れて対立の火に油を注ぐことになる。
    すると病院の上層部は、最終的にスンヒョンに対して責任の発端があるとして追及をしてきたため、スンヒョンは発言の事実と責任を認め辞職の意を示すことになるのだった。

  5. 西洋医と漢方医の対立が深まる中、ヤン院長は協診プロジェクトチームを結成し、完全なる協診システムを導入することを提案する。
    そのメンバーには、ドゥヒョンやスンヒョンも含まれており、半年で成果を出さねばならない状況でありながら西洋医と漢方医の溝は深まる一方であった。
    そして人が集まらず会議が開催されない中、ついにヤン院長は脳神経外科の世界的権威であるキム・ハユン医師をセンター長に迎える対策を発表する。

  6. ドゥヒョンの手術を受けたものの、治療の途中で運悪く死亡した患者の葬儀会場で、患者の家族に逆恨みさをれ暴力を振るわれたヘイン。
    あげくの果てに自分の患者が無断外出して病院内が大騒ぎになってしまう。
    その患者を捜し回っている途中で足をくじいてしまったヘインは、ドゥヒョンから辞めろと言われたことを思い出して、泣きながら病院の屋上に上がり自ら鍼治療をしようとしていたところ、偶然にもスンヒョンが現れるのだった。

  7. 父であるセンター長のハユンから叱責を受けたスンヒョン。
    しかし彼には過去の傷が残っていた。
    まだ医大に通っていたころ、恋人のチョン・ウィジンを死の病から救うことができなかった。
    そのショックから、スンヒョンは医師を辞めてしまい、その足で母親の過去をたどって智異山へ向かうことになる。
    そこで友達とケンカをしている女子高校生と出会うのだが、その娘は偶然にも亡くなった恋人と同じ”ウィジン”という名前であった。

  8. 手術中に父親が倒れたという知らせを受け、大急ぎで駆けつけようとするヘイン。
    偶然、途中で出会ったスンヒョンは、ヘインのために救急車に乗って同行したのだが、それを聞いたドゥヒョンは、あ然としてしまう。
    一方、スンヒョンから車を借りたウィジンは、病院の駐車場で接触事故を起こす。
    相手の車に書かれた電話番号に連絡するものの、一向につながらないため書き置きをして立ち去るのだが、その車の持ち主はドゥヒョンだった。

  9. 協診チームの食事会が行われる中、スンヒョンの秘密を知っているヤン院長は、みんなの前でハユンやドゥヒョンとの家族関係を明かそうとするのだが、スンヒョンは最後までシラを切りとおす。
    一方、ドゥヒョンは亡くなった患者の家族から逆恨みされ胸ぐらをつかまれるのだが、それを冷たくあしらって帰る途中、再び後ろから凶器で襲われそうになる。
    それを目撃したヘインは、ためらうことなくドゥヒョンを守ろうと体を張るのだったが…

  10. ホテルで行われたセミナーで、スンヒョンは西洋医学と漢方医学を並行した、がん治療の事例を発表していた。
    各国の医師が漢方に疑念を抱く中、血液・腫瘍学の権威である医師が腰に痛みを訴えながら倒れてしまう。
    そこでスンヒョンは鍼治療を行うのだった。
    セミナー終了後、ミニのドレスを着て恥ずかしげに会場に訪れるヘイン。
    同僚の服を借りて当惑していたヘインに対して、ドゥヒョンが近づき、思いがけず似合うと言うのだった。

  11. ウィジンがオーケストラに入団して初めての演奏会の日。
    曲が佳境を迎えようとしたとき、ウィジンは手をブルブルと震わせながらビオラを落としてしまう。
    一方、スンヒョンと酒席を共にしたヘインは、ウィジンについて質問するのだが、返ってきた答えは不治の病を治してくれている女だとのこと。
    自暴自棄になり飲みすぎたヘインは、美人だと妹扱いして不細工だと暴力女と呼ぶのかと叫びながら、スンヒョンに対して絡むのであった。

  12. ウィジンが何の話もないまま手紙を残して姿を消したため、スンヒョンは訳が分からず、もどかしい思いをしていた。
    ヘインは、ドゥヒョンのモノマネをしていたところを見つかり、罰として手羽先の血管縫合30個を命じられる。
    深夜まで縫合をしているうちに眠ってしまったところ、ドゥヒョンが現れ、慣れた手さばきで残りの作業を終えてあげるのだった。
    目が覚めたヘインは、縫合が完成している手羽先を見て、不審な思いに駆られる。

  13. ウィジンをソウルに連れ戻したスンヒョンは、ドゥヒョンに手術をするよう頼み込む。
    しかし過去を引きずるスンヒョンを見てドゥヒョンは冷たく拒絶し、父親のハユンであれば可能であると告げるのだった。
    父親には頼りたくないため葛藤したものの、苦しむウィジンの姿を見て父親の元を訪ねることになる。
    一方、食欲がないと言って食事をしないヘインを心配したドゥヒョンは、車の中で食べるよう弁当を渡してドライブに出かける。

  14. ハユンとドゥヒョンの合同手術によりウィジンに出来た脳腫瘍の摘出は成功する。
    しかし再発が心配されるため、漢方の抗がん剤の開発が急がれる状況であった。
    スンヒョンは、これまで以上に研究に拍車をかけるものの、焦るばかりで何も思いつかず、やりきれない思いが募る。
    一方、救急で担ぎ込まれて入院している暴力団のボスに悩まされているヘインを見て、スンヒョンは哀れに思いながら、手を貸してやりたいと思っていたのだが…

  15. 手術により除去されたウィジンの膠芽腫は、わずか1カ月のうちに再発してしまう。
    スンヒョンは茫然自失になり、その話を聞かされたウィジンは理性を失い取り乱すのだった。
    一方、センター長のハユンはドゥヒョンが反対しているにも関わらず、ヘインを漢方の抗がん剤研究チームに入れる。
    抗がん剤の研究開発が進む中、スンヒョンは無人島に常緑草という薬材があるという記述を、ある医書から見つけヘインと共に採取に向かうのだが…

  16. 抗がん剤治療を受けていたウィジンが急に姿を消したため病院中が大騒動になる。
    無人島にいたため連絡が取れなかったスンヒョンは、後で事実を知り空港で倒れて搬送された事実を突き止める。
    ウィジンの状態を知った父ヒョヌクは病院を訪れ、それまで病状を隠してきたスンヒョンを責めるのだった。
    その光景を目撃したスンヒョンの父ハユンはヒョヌクに怒りをぶつけ、ウィジンに対する治療を、すぐに中断するよう指示することになる。

  17. 徹夜でウィジンの回復を待つヒョヌクが、ついに心臓を押さえて倒れてしまう。
    一方、ヘインは泥酔したドゥヒョンを自宅まで送り届け、そのまま眠りにつくことに。
    翌日、ヘインの行方を探す医師たちに対してドゥヒョンは、自分といて眠れなかったと発言して驚かせる。
    病院に着いたヘインはスンヒョンからAC-7の臨床対象が見つかったと知らされる。
    そのときスンヒョンは、AC-7の毒性を調べるため自ら服用したところであった。

  18. スンヒョンがAC-7を服用して倒れたところに驚いたヘインが駆けつけるのだが、すぐに何事もなく起き上がる。
    スンヒョンにとってはウィジンのために胸を痛めた末の行動だったのだが、ヘインは自分の心配をよそに、無謀な行動をするスンヒョンが恨めしく涙を流してしまう。
    漢方の抗がん剤研究とは別に、ドゥヒョンによる損傷した脳組織に幹細胞を移植する研究は、ついに臨床許可が下り、実験段階に突入することになるのだが…

  19. ウィジンに対する不法医療行為によりヘインの立場が危うくなるや、ドゥヒョンは自らが抗がん剤の投与を許可したと証言して罪をかぶろうとする。
    一方、ヒョヌクはハユンに対して、ウネに関する過去の話を言って聞かせるのだった。
    自らの死をハユンが受け入れられないことを察していたからこそ、姿を消してヒョヌクの元を訪ねたのだと。
    妻の死から数十年後に明かされた事実を聞きショックを受けたハユンは倒れてしまうのだった。

  20. スンヒョンによる漢方の抗がん剤とドゥヒョンによる研究を融合させた治療でウィジンの病状は回復に向かっていく。
    皆が喜びに満ちる中、ヘインはスンヒョンに対して謝罪と感謝の気持ちを抱いていた。
    ドゥヒョンは医師免許停止となってしまうが、米国で研究を続ける意志を示し、ついにスンヒョンとも打ち解け合う。
    べそをかくヘインに対してドゥヒョンは、必ず最高の脳神経外科医になるよう言い残して、米国に旅立ってしまうのだが…

以上、韓国ドラマ 第3病院について紹介しました。