オフィスの女王の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-オフィスの女王-画像

韓ドラ オフィスの女王の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はキム・ヘスです。

スポンサーリンク

オフィスの女王はこんな韓国ドラマ

韓国食品業界の大手Y醤グループのエリート社員、チャン・ギュジクが研修を終えてアメリカから帰国。
韓国へ戻る機内で、ボヘミアン風の女性、ミス・キムに遭遇し、最悪の出会いをする。
社に戻ったギュジクは同期で親友のジョンハンとの再会に喜ぶ。
そんな2人の前に、黒のパンツスーツで身を包んだ、謎の女性ミス・キムが現れる…

オフィスの女王の出演俳優

  • キム・ヘス
  • オ・ジホ
  • チョン・ユミ
  • イ・ヒジュン
  • チョン・ヘビン
  • チョグォン

オフィスの女王の動画

オフィスの女王のあらすじを最終回までネタバレ全話公開

  1. “醤(ジャン)”業界トップ企業、有能な正社員ギュジクは、MBA研修を終えて米国から帰国する機内でミス・キムと名乗る謎の女に出会う。

    一方、就職難民のジュリは派遣会社の紹介でY醤の面接を受け、採用されることに。
    そんな中、特別雇用の契約社員としてミス・キムが現れる。

  2. 新入社員が入り、ギュジクの後輩ビンナがその下に配属される。
    大量の仕事を命じられ困っているビンナをジュリが手伝うが、ビンナのミスで注文数が誤って打ち込まれ、スーパーは大混乱に。
    ギュジクは謝ろうとするジュリに対し、契約社員は仲間ではないと突き放す。

  3. Y醤ではライバル社への対抗策として、蟹さばきの達人を呼んで、ケジャンショーを行うことで自社の醤油を売ることに。
    企画は注文段階から好評を呼ぶが、達人を乗せてトラックを運転していたギュジクが事故を起こし…。

  4. ミス・キムの家を訪ねたジョンハンは、ギュジクが彼女を殴ろうとしていると勘違いして、逆にギュジクを殴ってしまう。
    翌日、ジョンハンはケジャンショーのお礼がしたいとミス・キムを引き留めるが、用意したプレゼントをなかなか渡すことができないでいた。

  5. なぜ彼女にキスをしてしまったか理由がわからず、ノリだと言うギュジクに、ジョンハンはなぜか腹が立つ。
    そんな中、ロシアの企業との打合せを任されたギュジクはミス・キムに補佐を頼む。
    ジョンハンは、ミス・キムの前でいいところを見せようとする彼の思いを察するが…

  6. 入社して苦労しているジュリのもとに母親からブランドもののコピーバッグが届く。
    母の優しさに励まされるジュリだが、テレビショッピングの本物の商品とコピーを比較するコーナーでバッグを貸すことに。
    収録中にバッグを壊され、我慢できず収録に乱入、商品は売れず、Y醤の紅酢の放送枠も撤回すると言われる。
    今日販売する商品を完売させれば枠はくれるという話を聞いたミス・キムは…。

  7. 休日の納骨堂で偶然遭遇するミス・キムとギュジク。

    帰りの電車の中でしつこく話しかけてくるギュジクをミス・キムは冷たく突き放す。

    一方、手当以外はもらわないと言い、渡した贈り物を返そうとするミス・キムに、ジョンハンは個人的な贈り物だからと話す。
    ミスばかりで契約更新も危ういと言われる中、大学時代の友人に再会したジュリは、高給をもらえるという彼女の会社に誘われ…。

  8. 熱を出したミス・キムを気遣うギュジクだが、決して助けを借りようとしないミス・キム。
    一方、ジョンハンに励まされたジュリはジョンハンが気になるように。
    そんな中、部長から再契約の約束を受けて安心するポンヒは、実は妊娠中。

    相手は同じ部のク代理だった。

  9. Y醤社内では、社員同士で互いに評価する人事考課の時期になり、皆、奇妙な雰囲気に。

    ファン部長はコ課長を退職勧告させようとするが、ジョンハンとギュジクはコ課長を守るため、人事考課をあげてやる方法を考えることに。

  10. コ課長を助けようと意気投合したギュジクとジョンハン、
    ミス・キムは煮塩の生産者に交渉しに行き、島に泊まるハメに。
    ミス・キムを挟み、奇妙な感情が湧くギュジクとジョンハン。
    市場調査のためにミス・キムと同行するコ課長は市場で懐かしい知人に出会い、飲んで寝てしまう。
    煮塩生産会社の会長が会社に契約のため来ることになり、ジョンハンはファン部長に煮塩はコ課長の企画案で、支援部に必要な人材だと残留を懇願する。
    だが、部長からコ課長をどう思うか問われたミス・キムはお荷物だと答える。

  11. 銀行に寄ろうとしたギュジクは、その前で泣いていた
    ミス・キムを見かける。
    一方、ジョンハンはコ課長からミス・キムが助けてくれたと聞かされ、問題を解決しても何もしていないかのように振る舞うミス・キムを愛らしく思う。
    毎年恒例の味噌教室のイベントを手伝でズボンを汚してしまったミス・キムが足を洗う姿を見たジョンハンは、彼女の足に火傷跡があることを知る。

  12. 社内企画案公募が行われ、ジョンハンに背中を押され、ジュリも企画を応募してみることに。
    ジュリの母が釜山からわざわざ皆の分のお弁当を作って持ってきてくれるて皆が喜んで食べる姿を見て、ジュリは母の気持ちが詰まったお弁当を企画として考えるが…。

  13. ジュリの公募企画が最終審査まで残り、
    契約社員の企画が通っては後々問題になると、ファン部長はギュジクにジュリの契約を打ち切るよう命じる。
    話を聞いたジョンハンは部長にその企画案は取り下げると言い出す。
    だが、部長を怒らせるばかりで何の解決にもならない。
    派遣会社のマネージャーから契約打ち切りの話をされたジュリ。
    泥酔して電話をかけてきたジュリの言葉が、ミス・キムを動かす!

  14. ジュリの企画のプレゼン日が決まり、支援部では張り切って準備を進めが、ファン部長の命令でギュジクが推進し、支援部は外れることに。
    ギュジクはミス・キムとアンケート調査に向かい、彼女の「母の味」が味噌シレギで自分と同じであることを知る。

  15. ギュジクがプレゼンを途中放棄し、急遽ジョンハンが発表することに。
    弁当カフェの企画は1位となり、実現に向けて動き始める。
    一方、ミス・キムに告白したギュジクは、自分は後数週間後で去る身だと相手にされない。
    ギュジクはチーム長を解職となり、ジョンハンが引き継ぐことになる。
    そんな中、弁当の試食会が行われ、ミス・キムは昔の同僚に遭遇する。
    その男が誰なのか気になるギュジク。

  16. デモの中、亡くなったギュジクの母は、ミス・キムが慕っていた上司だった。
    因縁を知り、驚くミス・キム。
    部長命令によりミス・キムを再契約させようと、部署の皆で画策を練る。
    一緒に残ってくれないかと引き留めるジョンハンに、ミス・キムはもう同僚を作りたくないのだと話す。
    そして、お弁当カフェオープンの日。
    この日で契約満了となったミス・キムは手短な挨拶で去っていく。

以上、韓国ドラマ オフィスの女王について紹介しました。