ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!-画像

韓ドラ ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はユン・ゲサンです。

スポンサーリンク

ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!はこんな韓国ドラマ

敏腕ファンドマネジャーのテホ(ユン・ゲサン)は、株の取り引きで失敗し、多額の投資をしていたヤミ金業者のチョン社長(イ・ドギョン)に捕まった。
海に 沈められるものの間一髪、生還。
しかし、すべてを失う。
ホームレスに身を落としたテホは、やがて100億ウォン規模というソウル駅の地下経済の存在を知 る。
そこはフンサム(イ・ボムス)が君臨し、力だけが支配する世界。
ホームレスからの上納金と臓器売買で成り立っている。
テホは組織ナンバー2のジョング (パク・ウォンサン)に教えを乞い、幹部たちに闘いを挑む。

ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!の出演俳優

  • ユン・ゲサン
  • イ・ボムス
  • ソ・イェジ
  • パク・イェジン

ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!の動画

ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. チャン・テホはパク・ミンスを誘って闇金などから大金をかき集め株価操作を計画するのだが、作戦が失敗し350億ウォンを失ってしまう。

    テホに大金を貸していた闇金融業者のチョン・マンチュル社長は、テホとミンスに責任を取らせるために2人を殺そうとするのだがテホだけが生き残る。

    テホは恋人のユン・ジョンミの家へ向かうのだがジョンミの周りにはすでにチョン社長の手下がいた。

    プロポーズの指輪を売って食いつないでいたテホは、自分が株価操作に利用した会社の情報を集めるのだが作戦に加担していた会社の社長は何者かに殺され、テホのお金は底をついてしまう。

    ホームレスになってしまったテホは、ソウル駅のホームレスのたまり場に行き、チャ・ヘジンと出会う。

    ヘジンに誘われて炊き出しに行ったテホは、列に割り込んだ蛇目(ペムヌン)に文句を言うのだが、ドクサはその一帯のホームレスたちを統べる男だった。

    飢えを我慢できず人が捨てた食べ物に手を伸ばそうとするテホの目に、誰かが落としたお金が入るのだが、そこにペムヌンが現れる。

  2. クァク・フンサムがボスとして君臨するソウル駅を中心とした地下経済界は、ケンカさえ強ければ誰でも幹部になれるシステムで、そこのナンバー7である蛇目を倒したテホは、その日から組織のナンバー7となる。

    ヘジンからソウル駅の地下経済について詳しく説明を聞いたテホは、地下経済界からのし上がる目標を立てる。

    フンサムはホームレスたちを使って借金の取り立ての仕事もしているのだが、取り立ての途中テホたちはチョン社長の部下ともめることになり、ナンバー2のリュ・ジョングがチョン社長の部下を1発で倒してしまう。

    のし上がるためにはケンカの技術を身に着ける必要があったテホは、ジョングにケンカを教えてほしいと頼む。

    そんな中、以前からナンバー7の座を狙っていたオ頭は、テホにパーティー(フンサムが定めた対決)を申し込み、テホはオ頭と戦うことになる。

    ナンバー4の毒蛇は、上納金の額を勝手に下げたテホを呼びつけて理由をたずねるのだが、テホはその場に集まったナンバー6、5、4に、必ず倒すと宣言する。

  3. 年配のチョ会長を罰するナンバー6のペ中士に怒りを覚えたテホは、我慢できずパーティーを申し込む。

    昔、生き別れになった娘を捜し続けていたジョングはテホとペ中士がケンカしていると聞きつけ、間一髪でテホを助ける。

    テホの情報を調べたフンサムは、テホの頭脳を惜しんでペ中士に負けたテホとボスたちを呼び寄せる。

    フンサムは、テホが失敗した仕手戦に自分も50億を投資していたことを話し、テホはフンサムが渡した酒を飲んで気を失ってしまう。

    テホはジョングにフンサムが自分のせいで50億をなくしたことを話し、どうしてもナンバー1に上り詰めたいと言う。

    ヘジンはテホに頼まれてチョ会長のために住む部屋を借りるのだが、そこはナラの家だった。

    ボクシングを習いながらジョングと打ち解けたテホは、ジョングとお互いの過去の話をし、ジョングはテホにペ中士だけは必ず倒せと言う。

    カン・セフンは正体を隠していたジョンミンに冷たく接し、ジョンミンはそんなセフンにすがりつくのだが…。

  4. チョン社長によって殺されたミンスの遺体が警察によって発見され、テホはミンス殺しの容疑をかけられる。

    フンサムはチョン社長と警察に追われているテホを部屋に呼び、助かりたければチョン社長を消すしかないと言いながら拳銃を見せる。

    そんな中、チョン社長は毒蛇とワニにフンサムを消すつもりだと言い、毒蛇は聞かなかったことにすると答える。

    昔、ジョングと駆け落ちしようとしていたソ・ミジュは、今も毎月月末になると駅で来ないジョングを待つ。

    テホが用意した部屋に移ったチョ会長は、正気を取り戻した様子で、みんなに迷惑をかけたくないからと部屋を出ていく。

    ミンスの葬式に行ってチョン社長の手下に捕まったテホは、何とか脱出し、フンサムに取り引きを提案する。

    ミジュの誕生日を覚えていたジョングは、ミジュにクマのぬいぐるみを渡すのだが、ミジュはぬいぐるみを返しながらジョングにテホが置かれた状況を話す。

    そして、チョン社長を殺そうとしたテホは、チョン社長の手下に刺されてしまうのだが…。

  5. チョン社長に事務所を攻撃されたフンサムは、チョン社長の会社を襲撃し、チョン社長の手下に刺されたテホをかくまったオ頭は、ナラに助けを求める。

    チョン社長と戦争が始まり、フンサムはチェ中士にミジュとクラブの警備を任せる。
    しかし、戦争のことを聞いたジョングは自分1人で十分だからとペ中士たちを帰らせ、ペ中士たちが引き払ったあとチョン社長の部下たちが店に現れる。

    ナラは一命を取り留めたテホに、なぜほかのホームレスたちみたいに普通に暮らせないのか問い詰め、テホは人を殺しそうになったことを話す。

    フンサムは本気でチョン社長を潰そうとするのだがチョン社長とフンサムが逆らえない男が2人の戦いの仲裁に入る。

    そんな中、セフンはチェ理事の不正を会長に報告しようとし、ジョンミンはチェ理事をかばってセフンを説得しようとする。

    フンサムの命令でテホを捜しているサマギはヘジンとオ頭を痛めつけ、テホはそんな2人を守るためにフンサムに会にいく。

    そして、ジョングはフンサムにテホを見逃してほしいと頼むのだが…。

  6. フンサムによって死んだことになったテホは、ヘジン、チョ会長、オ頭、コン・ヨンチルを集めて、チョン社長ハメる作戦を立てる。

    一方、ミジュはジョングに背広を仕立ててあげて、食事をしようとするのだが、フンサムから電話がかかってきてムン次官とホテルへ行く。

    ペ中士たちはテホが下げたみかじめの割合を元に戻そうとし、その光景を見たジョングは、テホが決めたように5対5で続けるようにとペ中士たちに命令する。

    チョン社長をハメるためにヘジンは、正体を装って闇カジノでチョン社長とポーカーで勝負し、計画どおりチョン社長のカモになる。

    テホのことを死んだと思っているナラは、テホが使っていた部屋を見てテホとの思い出に涙をうかべ、ジョングはミジュに落ち着いたら2人でソウル駅を離れようと言う。

    ヘジンからギャンブルの借金の担保として預かっていた書類の内容を調べたチョン社長は偽物の書類とは気づかず、大金を稼ぐチャンスだと考える。

    そして、ビルの屋上でフンサムと内密に会ったセフンはフンサムを“兄さん”と呼ぶのだが…。

  7. チョン社長はテホがしかけた罠にひっかかり、チョ会長とヘジンをアメリカの会社の者だと信じ込むのだが、大事な瞬間にチョ会長は計画のことを忘れてしまい、チョン社長に小切手を書いて渡してしまう。

    フンサムはテホの計画にだまされたチョン社長に20億を高利で貸し、テホにチョン社長を再起不能にするようにと命じる。

    テホはそんなフンサムにハンジュングループのチェ理事がセフンを狙っているようだと言うのだが、フンサムは好奇心は短命につながるとテホに警告する。

    炊き出しでペ中士と口論になったナラはペ中士に突き倒され、そのことを聞いたジョングはペ中士を半殺しにする。

    毒蛇たちはペ中士の件をフンサムに報告し、ミジュは今後枕営業はしないとフンサムに言う。

    ジョングはミジュとその昔、火事に遭った事務所に行くのだがそこで死んだはずのテホの姿を見る。

    ジョングからナラが入院したことを聞いたテホは、ナラが眠っている間にナラの枕元に野花を置く。

    そして、チョン社長はヘジンたちと契約を結び、ヘジンたちの口座にお金を送金するのだが、そこに警察が現れヘジンたちは詐欺師だと言うのだが…。

  8. チョン社長に襲撃され、一命を取り留めたジョングは、ミジュやフンサムとの過去を振り返り、フンサムはテホにジョングは自分の憧れだったと話す。

    ジョングがフンサムの代わりに刑務所に行ったせいで娘と生き別れになったことを知ったテホは、ジョングに娘捜しを手伝いたいと言う。

    カマキリに呼ばれたテホは、チョン社長が殺された工場へ行き、チョン社長が残した遺言を受け取る。

    チョン社長の縄張りを手に入れたフンサムは、自分の組織の幹部たちを集めて祝杯をあげるのだ、部たちにテホを特別扱いすると公表し、幹部たちは納得いかない顔をする。

    セフンはチェ理事を排除することに成功し、フンサムはテホにセフンを紹介するのだが、実の弟であることを伏せる。
    そして、テホが席を外した時、セフンの仕手戦に利用されたのがテホであることをフンサムはセフンに教える。

    ジョングと酒を飲んだテホは、家に帰る途中フンサムから電話でペ中士に狙われていることを伝えられる。
    そして、その時ペ中士がテホの背後に立つのだが…。

  9. フンサムはテホに自分の金庫を見せながら自分を倒して手に入れるか、自分に仕えてナンバー1の座を継ぐかは自分で選べと言い、葛藤したテホは人が恋しくなり、ナラに会に行く。

    ナラはテホにご飯をごちそうし、テホはナラに今までの自分の人生について打ち明け、ナラは今後は危険な仕事はしないでほしいとテホに言う。

    そんな中、ミジュとセフンはチェ理事をグループから追い出し、ハンジュングループの人事改革を計画していたが、イルジュンの命令で人事改革が中止になってしまう。

    ヘジンはフンサムの飼い犬になってしまったテホに、ナンバー1になる目標はどうしたと問い詰め、テホは楽な道を進むことにしたと言う。

    ジョングはミジュに娘の捜索を依頼している調査会社に、もっと積極的に捜すように頼んでほしいと言い、ミジュは、もう自分の娘は自分で捜すようにとジョングを突き放す。

    出所したナンバー3の押切は、ペ中士がフンサムに殺されたという噂を聞きつけ、フンサムに真実をたずねるのだが…。

  10. ペ中士がテホとパーティーをすると言ってから消えたことを知った押切は、フンサムのペントハウスに乗り込み、フンサムの弱みをちらつかせながらテホを差し出せと言う。

    娘の居場所に関する情報を手に入れたジョングは確認に行く前にミジュに会に行き、娘を見つけられなくてもこれでソウル駅を去ると言う。

    テホは押切にパーティーを申し込まれ、テホに勝算がないことを分かっているフンサムはテホを助けるために押切が保険のために書き残しておいたフンサムの弱みに関する情報を探す。

    押切がテホとパーティーをしようとしていることを知ったジョングは、押切に5年前のパーティーの続きをやろうと言い、押切はジョングを一発で倒す。

    毒蛇とワニに睡眠薬を飲まされた押切はカマキリに殺されそうになるのだが、そこにテホが現れる。

    ソウル駅に残ることにしたジョングは、ミジュからもらったウンジの住所を破り、テホに押切が残したフンサムの弱みに関するカギを渡すのだが…。

  11. ジョングは押切から預かったフンサムの弱みの手がかりをテホに渡すのだが、テホは自分を育ててくれる会長を裏切りたくないと言う。

    フンサムとユン会長との過去の因縁が明らかになっていくなか、フンサムはユン会長に会いに行くのだが、ユン会長に弟のことを聞かれ、交通事故で死んだと答える。

    そして、フユン会長は、セフンにフンサムに怪しい動きがあったら報告するようにと命令する。

    フンサムとセフンの関係を怪しく思ったテホは、セフンのことを調べるのだが、セフンに前科があることを突き止める。

    そんな中、ヨンチルにネットカジノのIDを消されたヘジンはヨンチルを殴り、ヘジンとヨンチルはテホのチームから抜けてしまう。

    ミジュはフンサムの命令でユン会長の次男に近づき、フンサムはある事にケリがついたら自由にしてやるとミジュに言う。

    ソウル駅のホームレスたちを変えようとしているジョングは、オ頭に頼んでホームレスたちを工事現場で働かせるのだが…。

  12. セフンの正体を知らないジョンミンはセフンのためにセフンの養父を韓国に招待し、そのことを知ったテホはフンサムの頭に銃を突きつけてそのことを話す。

    一方、ジョングはホームレスたちを変えるためにオ頭と一緒に工事現場の仕事を始め、ナラは自分が働いている病院が潰れるかもしれないという話を聞く。

    フンサムは自分のことを知りすぎたテホを呼び、どこまで知っているのかを確かめ、テホはフンサムが信じたくなるような答えだけをする。

    ワニは工事現場で働いてお金を稼いだホームレスたちにみかじめ料を払えと言い、オ頭はワニと戦う。

    フンサムの計画を知ったテホは、ハンジュングループと戦うためにはセフンが集めたすべての情報を知りたいと言い、フンサムはソウル駅のみかじめ料が減っていることでジョングを呼び、ジョングに土下座を命令する。

    病院を救いたいナラは、テホにクァク会長を紹介してほしいと頼み、みかじめ料を何とかしたい毒蛇は弱ったホームレスから臓器を奪おうとするのだが…。

  13. チョ会長を助けるために工場へ行ったテホは、臓器密売を増やせと命じたのがフンサムであることを知り、手が出せないのだが、その時ジョングが仲間を連れてチョ会長を助けに現れる。

    ジョングが工場に現れたという報告を受けたフンサムは工場へ向かおうとし、ミジュはジョングにソウル駅を去るチャンスを与えてほしいとフンサムに頼む。

    そんな中、ジョングに影響されホームレスたちにも少しずつ働こうという変化が起こるのだが、ジョングとの戦いにやぶれたテホは、ジョングを孤立させるためにある方法をフンサムに提案する。

    ナラが働いている病院は財政難に陥るのだが、そこに後援者としてフンサムが現れる。
    ナラはそんなフンサムにホームレスたちがケンカをしないようにしてほしいとお願いする。

    フンサムの命令でジェソンに近づいたミジュは、ジェソンが店に遊びに来たことをフンサムに報告しようとするのだが、ジェソンはこの店はクァク・フンサムの店だろ、と話を切り出すのだが…。

  14. フンサムはミジュが自分を裏切ったのかどうかを確かめるために、ミジュの身体に灯油をまく。

    その時2人の前に駆けつけたジョングは、ミジュが自分のためにフンサムと取引をしたことを知り、フンサムに土下座をする。

    テドンバイオの仕手戦の裏に、フンサムがいたことに気づいたテホは、フンサムに探りを入れるのだが、フンサムは乗ってこない。

    ジョングとソウル駅を去ることにしたミジュは、テホにテドンバイオのチェ社長とフンサムが仕手戦を計画していたことを教え、ショックを受けたテホは復讐を誓う。

    仕事でソウル駅の視察を行ったフンサムは、ナラの祖母の食堂を訪れるのだが、ナラの祖母はフンサムの昔のことを覚えていた。

    テホとお別れの酒を飲んだジョングは、ミジュの所へ向かう途中、ワニに搾取されるホームレスたちやフンサムの手下に店を荒らされた食堂を目の当たりにする。

    そして、ジョングはミジュに待っていてほしいと言い、フンサムにパーティーを申し込むのだが…。

  15. ジョングが死んでテホはジョングが暮らしていたバスで生活を始め、自暴自棄になったミジュは部屋に閉じこもる。

    フンサムの命令でテホは仕手戦の準備に取りかかるのだが、オ頭たちはジョングを殺したフンサムをもうけさせることに反感をあらわにする。

    そんな中、ソウル駅周辺の開発を阻止するためにチョ会長と署名運動をしていたナラは、フンサムに開発を考え直してほしいと頼むのだが、フンサムはソウル駅が開発されたらホームレスたちにもいいとナラの頼みを断る。

    ミジュの家を訪れたテホはジョングから教わったことを話し、店に戻ったミジュはテホにフンサムを倒す計画を聞く。

    テホはオ頭やヘジンたちに自分の本当の計画を打ち明け、みんなを復讐に利用しようとしたと言って頭を下げる。

    そして、ミジュを気に入っているキム議員はユン会長が未来都市開発からフンサムを外そうとしていることを教え、フンサムはハンジュングループを追い出されたチェ理事からユン会長の弱みを買い取ろうとするのだが…。

  16. ハンジュングループがワイロを渡した人のリストがチェ理事によって公開され、未来都市開発計画にストップがかかる。

    フンサムは検察の取り調べを受け、フンサムへの復讐の第一歩を踏み出したテホは、ナラの肩に寄りかかって昼寝をする。

    フンサムは2段階の計画の仕手戦を中止し、テホにハンジュングループの株を買い集めるように命じ、その資金をワン会長から借りようとする。
    しかし、ワン会長は担保にフンサムの命を要求する。

    そしてテホは、フンサムの計画を逆手に取って、フンサムをはめる計画をヘジンたちに指示し、ヨンチルを連れてフンサムの部屋で作戦に取りかかる。

    テホにだまされたことに気づかなかったフンサムは、テホに睡眠薬入りの酒を飲ませ、テホに別れを告げる。

    そんな中、カマキリがテホを工場に運ぶ間ワン会長の部下たちがフンサムの部屋に乗り込む。

    テホにだまされたことを知ったフンサムはナラを人質に取り、ソウル駅のホームレスたちはナラを助けるために立ち上がるのだが…。

以上、韓国ドラマ ラスト・ゲーム~最後に笑うのは誰だ?!について紹介しました。