私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~-画像

韓ドラ 私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はハ・ソクジンです。

スポンサーリンク

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~はこんな韓国ドラマ

広告会社でインターンとして働くダヨンは掃除するヒマもないほど忙しく、父が遺した家を守るため借金返済にも追われていた。
お金のために下宿人を募集するが、家の中が散らかり放題で誰も寄り付かない。
そんな中、数日前に最悪の出会いを果たしたジウンと再会するが、彼が有名な家事のプロフェッショナルだと知ったダヨンは家の掃除を依頼することに。
キム先生と呼ばれるジウンは、家事に関して妥協を許さない完璧主義者。
だが、ダヨンは依頼主の心の悩みまでも整理してくれるジウンの優しさに気づき、惹かれ始める。
ところが、完璧に見えるジウンにはある秘密があって…。

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~の出演俳優

  • ハ・ソクジン
  • ボナ
  • イ・ジフン
  • コ・ウォニ

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~の動画

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~のあらすじを最終回までネタバレ全話公開

  1. ジウンは掃除や整理収納、料理まで完璧にこなすプロのハウスキーパー。
    ある日、依頼を受けたおじいさんチャンの家で片付けをしていた彼は、隣に住むダヨンの洗濯物の干し方を見て呆れる。
    ダヨンは広告代理店のインターンとしてゴミ捨てをする暇もないほど忙しく働き、亡き父との思い出が残る家を守るため借金返済にも追われていた。
    友達のヘジュからもお金を借りることができず困っていると、彼女から部屋の間貸しを提案され…。

  2. ジウンはある家族の家を掃除しに行くが、そのマンションには過去の苦い思い出があった。
    一方、先輩の忘れ物を届けるため、会社の飲み会に行くことになったダヨン。
    そこで正社員になるのは難しいと改めて気付かされたダヨンは、「命の電話」につらい胸の内を話すが、自殺しようとしていたと間違われ警察に連行。
    携帯電話を漢江沿いに置き忘れてしまい、身元引受人としてやむなくジウンの名刺を警察官に渡して彼を呼び出すが…。

  3. 車の中でメッセージカードを発見したジウンは、ダヨンが持っていたブランドバッグは彼女のものではなかったと知る。
    一方、散らかった家のせいで入居者が決まらないダヨンは片づけを開始するが、なかなか進まない。
    そんな中、ダヨンの友人サンアは恋人がニューヨークから帰国すると知って大慌て。
    ヘジュの勧めで、急きょジウンに家の大掃除を依頼することに。
    サンアはジウンに部屋を掃除してもらいながら、恋人との関係を見直して…。

  4. ダヨンの家で掃除を始めたジウンは、父の遺品を捨てられないダヨンの意向を汲み取り、断捨離のコツをアドバイス。
    その頃、ヘジュが教えてくれたシェアハウスを探していたサンアはそこがダヨンの家と知って驚き、友達のソミもやってきたのでさらに動揺する。
    奇麗に生まれ変わったダヨンの家で暮らすことになった2人だが、実は3人は高校以来気まずい関係にあった。
    そんな彼女たちを仲直りさせようとヘジュは引越しパーティーを提案し…。

  5. 自分の部屋を片付けられないダヨンは、ジウンと一緒に整理を始める。
    そのときダヨンは、働くジウンの姿をヒントに広告の企画を思いつき、新たな企画書を作成し始める。
    そんな中、同級生テヒの婚約式に誘われたサンアは、ジウンに同伴してもらいパーティーに参加。
    後で返品するからと見栄を張って高い洋服を購入する。
    同じパーティーに来ていた弁護士のジングクはサンアを見かけて喜ぶが、彼女のジャケットにワインをこぼしてしまい…。

  6. サンアとジウンが恋人関係でなかったことを知ったジングクは、洋服代を弁償する代わりに食事をおごってほしいとサンアに伝える。
    一方、ソミのネイルサロンに初めての男性客でワインバーのオーナー・テスがやって来る。
    そんな中、ダヨンは上司の子どもの入園手続きのために獲得した番号札が行方不明になり大騒ぎ。
    ジウンが部屋の掃除中に捨ててしまったと勘違いしたダヨンは彼を責め立てるが、肝心な広告モデルの依頼を忘れていて…。

  7. ジウンはバーで倒れたダヨンを抱えてタクシーに乗せ、病院へ急ぐ。
    父が遺した家を守るために、ダヨンが無理をして借金を背負っていると知ったジウン。
    ダヨンは、自分も家のために借金をしていたことを明かしたジウンに仲間意識をもつ。
    そんな中、撮影場所となる家は自分で選び、ダヨンが企画を進行するという条件で、ジウンから広告モデルを引き受けると言われたダヨンは大喜び。
    ところが、ジウンに今日で掃除は最後だと告げられて…。

  8. サンアとの食事に向かったジングクはネットで調べたデート方法を駆使してアピールしようとするが、空回りしてしまう。
    そんな中、兄から帰国したというメールが来て怯えるソミ。
    ダヨンとサンアはいつもと違うソミを見て心配する。
    一方、広告の企画が通り、ジウンに報告しようとバーを訪れたダヨン。
    ジウンを待っている間に彼の部屋にあった本を何気なく手にするが、ダヨンは険しい表情を垣間見せて本を奪い取ったジウンに驚き…。

  9. チョルスに怒っていたヘジュは、彼との思い出を振り返り機嫌を直す。
    ジングクは、ワインをこぼしたジャケットと同じものを探し出し、サンアに会いに行くと連絡。
    家にいたサンアは外出中と嘘をついて急いで準備する。
    一方、ジウンはシングルマザーの家を撮影場所に選び、紆余曲折を経ながらも無事に撮影を終える。
    広告モデルの契約書を見てジウンの誕生日を知ったダヨンは友人たちと、ジウンのサプライズ誕生日パーティーを企画して…。

  10. 酔ったジウンにキスをされ、翌朝から彼を意識してしまうダヨン。
    何も覚えていないジウンは、ダヨンが急に自分と目を合わせなくなったことを不思議に思う。
    会社に出勤したダヨンは広告の映像を勝手に編集したことをアン次長に叱られ映像を見返すが、ジウンのことばかり考えてしまう。
    そんな中、ソミのネイルサロンを訪れたバーの店員ガラムは、ソミが兄に怯える姿を目撃する。
    一方、サンアはスッピンのままジングクに遭遇してしまい…。

  11. サンアからジウンと付き合っていると嘘をつかれたジングクは、迷惑を掛けていたことを謝り、彼女のことを諦めようとする。
    そんな中、サンアは一緒にブランドを立ち上げようとしていた社長が投資詐欺に騙されたという噂を聞く。
    一方、ジウンとアン次長と一緒に広告撮影の依頼人に映像の許可をもらいに行ったダヨンは、帰り道でアン次長の隠し事を知る。
    隠し通すべき秘密もあると考えたダヨンは、ジウンにキスのことは明かさないと決めるが…。
    205

  12. 会いたさのあまり再びサンアの家を訪れたジングク。
    怪しい行動をとるシングクを見たソミは不審者と勘違いして警察に通報。
    ジングクは警察署に連行されてしまう。
    一方、広告主へのプレゼンテーションの日を迎えたダヨンは張り切って出社するが、資料のデータが入ったUSBを自宅に忘れてきたことに気づく。
    サンアと連絡がつかず、ダヨンはジウンに助けを求める。
    ジウンは仕事をキャンセルして急いでダヨンの元に駆けつけるが…。

  13. ダヨンから広告主との食事会に誘われたジウンは彼女の立場を気遣い、参加することにする。
    一方、社長の借金を背負わされることになったサンアは、ダヨンたちから弁護士であるジングクに相談すべきだと言われるが、みじめな現状を打ち明けることができない。
    サンアと食事をしたジングクは、彼女の様子が気になり、悩み事があるなら相談してと伝えるが…。
    翌朝、サンアは社長を捜しに地方へ向かうが、その同行をジウンに依頼する。

  14. 借金のことは家族に言えないと見栄を張る社長に自分を重ねるサンアは、ジングクに相談することを決意。
    一方、広告主に勧められるままにお酒を飲み、酔っぱらったダヨン。
    ジウンに自分との先約よりもサンアを優先したことに怒りのメールを送り、さらにはキスしたことを明かしてしまう。
    ダヨンに電話をかけたジウンは、彼女が取引先のユ課長と揉めているのを聞いて急いでソウルに戻るが、アン次長にダヨンと付き合っていると誤解され…。

  15. ダヨンはユ課長のセクハラを上司に報告してアン次長の無念を晴らそうとするが、何をしても無駄だと言われる。
    そこでダヨンはいつも世話になっている掃除係のおばさんからアイデアを得て、ユ課長から謝罪をしてもらう計画をサンアたちと考える。
    一方、ジウンはダヨンにキスしたことを謝り、つらい過去の思い出とハウスキーパーになったきっかけを初めて明かす。
    ジウンに想いを寄せるダヨンは、彼の話を聞いて気持ちを抑えようとするが…。

  16. 広告主との約束のためユ課長の会社を訪れたジウンはダヨンたちが考えた作戦通り、ユ課長をダヨンの前に連れ出すことに成功。
    ダヨンは自分の会社に来て同僚の前できちんと謝罪してほしいとユ課長に要求する。
    一方、サンアから理想の恋愛を聞いたジングクは、すぐに告白しようとするが、テスに止められる。
    直進しかできないジングクはテスからアドバイスをもらう。
    そんな中、ヘジュはある理由からジウンに家の掃除を依頼して…。

以上、韓国ドラマ 私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper~について紹介しました。