恋の記憶は24時間~マソンの喜び~の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-恋の記憶は24時間~マソンの喜び~-画像

韓ドラ 恋の記憶は24時間~マソンの喜び~の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はチェ・ジニョクです。

スポンサーリンク

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~はこんな韓国ドラマ

家柄、才能、ルックスと全てを兼ね備えた脳神経外科医のコン・マソン(チェ・ジニョク)。
ある日、中国・海南島でトップスターのチュ・キップム(ソン・ハユン)と出会い親しくなる。
互いに惹かれあう2人は、キスを交わし1時間後に再び会う約束をして別れるが、待つ間にマソンはキップムを陥れようとする男たちの会話を聞いてしまう。
男たちの後を追うマソンだが、そこで交通事故に遭遇し、眠ると記憶を失う記憶障がいを抱えることになってしまう。
何も知らないキップムは彼が来なかったことにショックを受け、彼女を陥れようとする男がくれた睡眠薬入りの酒を飲んでしまう。
キップムが目を覚ますと男は死んでおり、その容疑者にされた彼女はトップスターの座を失ってしまう。
それから3年がたち、偶然再会したマソンとキップム。
キップムを覚えていないマソンは冷たい態度を取り、互いの印象は最悪に。
しかし翌朝、マソンは昨日のキップムとの記憶が断片的に蘇り、彼女の存在が気になり始める。

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~の出演俳優

  • チェ・ジニョク
  • ソン・ハユン
  • イ・ホウォン
  • イ・ジュヨン

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~の動画

恋の記憶は24時間~マソンの喜び~のあらすじを最終回までネタバレ全話公開

  1. 中国の海南島で偶然出会った大企業ソヌグループの御曹司コン・マソンと、韓流スター、チュ・キップム。
    その日のうちに恋に落ちた2人は、また会う約束をして別れるが、マソンが事故に遭い再会できなかった。
    そして3年が過ぎ、マソンには記憶障がいが残っていた。

  2. 俳優ミン・ヒョンジュンの殺人事件に関わったと噂され、芸能界を干されていたキップムはネット放送のリポーターとして体を張っていた。
    丸飲みした魚の骨が刺さり病院に行ったキップムは、そこで3年ぶりにマソンと再会するが、冷たくあしらわれるのだった。

  3. マソンのいとこで無名俳優のソン・ギジュンは、初恋の人キップムを助けるため芸能事務所スターエンタを立ち上げる。
    再会以降、キップムのことが気にかかるマソンは、彼女が運営するネットショップに連絡し、服を100着購入する代わりに、自宅まで直接届けに来させる。

  4. ケガをした父親の入院先に駆けつけたキップムは、再びマソンに遭遇するが、前日の記憶のない彼に不審者扱いをされ不快な思いをする。
    しかしキップムの名前を聞くたびに妙な異変を感じるマソンは、主治医のユン先生に睡眠療法を受けると、衝撃的な事実を聞かされる。

  5. ギジュンはスターエンタと契約させるためにキップムを呼び出す。
    しかし、スター時代には戻りたくないと断られてしまう。
    一方、自宅で謎の赤い靴を見つけたマソン。
    この家は以前キップムが住んでいたことを知り、その靴を返しに行くが、捨ててくれと突き返される。

  6. マソンの言葉に決意を固めたキップムは、スターエンタと契約し、再起を誓うことに。
    その後、クイズ番組に出演することになったギジュンとキップム。
    撮影現場に行ったマソンは、キップムが元事務所の社長キム・ボムスから罵倒されている場面を目撃する。

  7. 収録の途中で倒れたマソンは、キップムが見舞いにも来ないことに呆れ、自ら会いに行く。
    そして番組に出演以降、マソンが一躍人気者になったことに激怒するギジュン。
    キップムは事務所のチャン社長と売り込みに行くが、危険人物だと懸念され、いい返事はもらえない。

  8. ギジュンから財閥の集まるパーティーに誘われたキップムは、大勢の前で恥をかかされ見世物になってしまう。
    見るに耐えきれず助けに入ったマソンは、堂々とキップムにキスをする。
    その頃ギジュンは、トップスターのイ・ハイムとワインセラーに閉じ込められていた。

  9. キップムがバラエティの生放送に出ることを知ったキム社長は、撮影場所を急遽プールに変更させる。
    そのため過去のトラウマから水恐怖症になったキップムは激しく動揺する。
    そんな中、初恋の人を探す番組に出演したハイムは、その相手にコン・マソンを指名するが…。

  10. キップムは親友のランジュから、マソンが番組に出演したのは自分のためだったことを聞かされる。
    マソンを狙うハイムは、ギジュンがマソンの知り合いだと分かり、彼を利用しようとする。
    そんな中、マソンの企画する療養村の事業が不穏な動きをしはじめていた。

  11. キップムに告白しようとしたギジュンは、反対にマソンへの気持ちを告げられショックを受ける。
    その晩、マソンとのデートで心浮かれるキップムだが、またあの時のようにすっぽかされてしまう。
    そんな中、3年前の事件の真相を恐れるキム社長はマソンの裏調査を始めていた。

  12. キップムとの約束を守れなかったマソンは謝罪をしに行くが、記憶障がいのことは言えずにいた。
    そんな彼にキップムは不信感を抱く。
    そんな中、スターエンタは合宿を行うことに。
    ギジュンが一行を連れてきたのは、マソンが準備している立ち入り禁止の療養村だった。

  13. 3年前のキップムとの記憶がよみがえったマソンは、事故当日の空白の1時間を追跡しはじめる。
    そしてキップムは、あの日マソンが事故に遭っていたことを知った。
    そんな中、仕事で大きな損害を出したマソンは、叔母のコン会長から理事としての責任を問われる。

  14. 突然、キップムの家族と食卓を囲むことになったマソンは、戸惑いながらも温かい気持ちになる。
    そしてキップムのオーディション当日、合格を願ってささやかな演出をする。
    一方、会場に駆けつけたキム社長は、マソンの記憶障がいをバラし、キップムを動揺させるのだった。

  15. キップムは家族の前でマソンとの交際を宣言し、一生守ることを誓う。
    ある日ハイムのドラマに代役として呼ばれたギジュン。
    芝居の練習だとハイムにキスをされ呆然とする。
    そんな中、互いに約束のデートをキャンセルしたキップムとマソンは、意外な場所で鉢合わせする。

  16. コン会長に家族を傷つけられたキップムは、謝罪を要求しに出向く。
    キップムのせいで計画が失敗することを恐れるコン会長は、マソンの障がいを暴露しようと考える。
    一方ハイムとキスをしてから、心がうわの空のギジュン。
    ハイムに結婚しようと迫られるが…。

  17. 理事を解任され、療養村が白紙になることを阻止するため、マソンは自身の記憶障がいを世間に公表する。
    先手を打たれたコン会長は怒りを隠しきれない。
    一方、マソンの病気を自分だけが知らなかったことに腹を立てたギジュンは、マソンに暴言を吐いて去っていく。

  18. マソンのためにキップムを諦めたギジュンは、最後にデートを申し込む。
    仲良さげな2人の写真を見たマソンは嫉妬心を剥き出しにする。
    そんな中、キム社長は3年前の殺人事件を再告発するため、ねつ造した証拠物を提出し、キップムを完全に潰そうと考える。

  19. キップムが再調査のため警察署に向かうと、待ち受けていたヒョンジュンのファンにゴミを投げつけられる。
    そしてマソンも、事件の目撃者として調査を受けるが、肝心なところで記憶が途切れてしまう。
    キム社長が不敵な笑みを浮かべた瞬間にヤン秘書が現れて…。

  20. キップムの父親は、娘を救ってくれたお礼にとマソンを家に招待するが、その夜もキップムたちは待ちぼうけをくらってしまう。
    そんな中キム社長は、海南での事故は偶然じゃなかったという情報をつかむ。
    そしてマソンは、3年前のユン先生の言葉に違和感を覚えていた。

  21. 再スタートを果たしたキップムのネット動画は、世間で好評を得る。
    そんな中、マソンの事故の真相を材料に、コン会長をゆすろうとするキム社長。
    その時の会話を聞かされたマソンは、大きなショックと悲しみに陥る。
    何も知らないキップムは順調な仕事に浮かれるが…。

  22. 倒れて病室で眠るマソンの横で、コン会長は治療を進めるなとユン先生に指示をする。
    自分の死期が近いことを悟ったマソンは、密かに身辺整理を始めていく。
    そして、久しぶりにデートをしたマソンとキップムは、海南での幸せだった時間を振り返るのだった。

  23. 治療法を探しに、誰にも告げず韓国を去ろうとするマソンは、空港で待ち構えていたヤン秘書を見て驚く。
    その後、悲しみに暮れていたキップムのもとに、マソンから一通の手紙が届く。
    3年前と同じ偶然の奇跡を求め、キップムは投函場である海南に飛び立つが…。

  24. マソンが旅立ってから1年。
    女優として順調な生活を送るキップムは、彼が戻ってくるのを信じて、マソンの家で暮らしていた。
    そしてギジュンも、マソンのために理事の座と療養村を守っていた。
    そんなある日、キップムはカフェの専用席で見覚えのある絵を目にする。

以上、韓国ドラマ 恋の記憶は24時間~マソンの喜び~について紹介しました。