ピョン・ヒョクの恋の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-ピョン・ヒョクの恋-画像

韓ドラ ピョン・ヒョクの恋の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はチェ・シウォンです。

スポンサーリンク

ピョン・ヒョクの恋はこんな韓国ドラマ

大卒で有能にもかかわらず、バイトで生計を立てる“アルバガール”のペク・ジュンと出会いヒョクの人生観が変わっていく。

財閥3世でトラブルメーカーのピョン・ヒョクは、ある日突然、親から見放されることになる。
行き場を失ったヒョクは幼なじみであり、ガンスグループの社員で世話役でもあるクォン・ジェフンの家に転がり込む。
大卒で有能にもかかわらず、バイトで生計を立てる“アルバガール”のペク・ジュンと出会いヒョクの人生観が変わっていく。

ピョン・ヒョクの恋の出演俳優

  • チェ・シウォン
  • カン・ソラ
  • コンミョン
  • キム・イェウォン
  • イ・ジェユン

ピョン・ヒョクの恋の動画

ピョン・ヒョクの恋のあらすじを最終回までネタバレ全話公開

  1. ガンスグループ会長の次男でトラブルメーカーのピョン・ヒョクは、機内でセクハラ騒ぎを起こす。
    その謹慎中に滞在していたホテルの一室で、ある騒ぎに出くわしたヒョク。
    そこには客の私物を盗んだと、ぬれぎぬを着せられているペク・ジュンの姿が。
    謝罪を求められるが、やってもいないのに謝れないと強気のジュン。
    結局、ホテルのバイトをクビになったジュンだったが、2人は意気投合。
    ジュンはヒョクの面倒を見ることに。

  2. ヒョクを自宅に連れ帰ったジュン。
    偶然にもジュンの友人が、自分の世話役で親友のジェフンだと知るヒョク。
    しかし2人はジュンにそれを隠し、他人のふりをする。
    2日目の夜、ジュンの家に友達のヨニが訪ねてきた。
    自分が今、世間で騒がれているセクハラ騒動の被害者だと打ち明けるヨニ。
    そこに現れたヒョクとジェフン。
    土下座して謝罪を求めるも、示談は成立しているとかたくななジェフンを見て、ヨニは示談書類を破り捨てる。

  3. ヒョクがセクハラ騒動の加害者だと知り、突き放そうとしたジュン。
    しかし母親からお金を用立ててほしいと頼まれ、しかたなくヒョクの秘書になることに。
    警察に追われるヒョクをかくまうため、自分が働く工事現場で働かせるジュン。
    だがヒョクが施工会社の代表にけがをさせてしまい、かばったジュンや仕事仲間がクビに。
    申し訳なく思ったヒョクはジュンにおわびをしようと、はりきって準備するのだったが…

  4. ジュンに自分の前から消えてほしいと言われたヒョクは生まれ変わるため、検察に出頭する。
    自分のせいだと感じたジュンは、ヒョクが気がかりに。
    釈放はされたものの、自分勝手に生きるなら好きにしろと、父親から真っ裸で家を追い出されたヒョク。
    そこを通りかかったジュンと彼女の仕事仲間に助けられ、再びジェフンの家に身を寄せることに。
    しかしジュンの母親に1千万ウォンを勝手に貸したと勘違いされて…

  5. 新しい仕事を探しに出かけたジュンの後を、こっそり付いていったヒョク。
    ジュンの仕事仲間をうまく味方に付け、ビルの清掃員として一緒に働くことになる。
    しかし派遣先は、ガンスグループの本社だった。
    しかし清掃員の服を着たヒョクが会長の息子だと、誰も気付かない。
    更に清掃員のヒョクたちが社員食堂を使っただけで、抗議の電話が。
    妙な疎外感に襲われたヒョクは、父親との取り引きに打って出た。

  6. 社員食堂を使えるように、父親と取り引きしたはずだったヒョク。
    しかし、それを聞きつけた派遣会社のミン代表は、再び使えないようにしてしまう。
    社員食堂が使えないのは、ガンスグループが清掃員を正社員として雇わないせいだと気付いたヒョク。
    更に信頼していた兄のウソンが、ミン代表と結託して自分を陥れようとしていると知る。
    そんな中で行われたガンスフードの新商品試食会。
    そこでヒョクは再び大胆な行動に出る。

  7. 新商品試食会でのヒョクの行動に激怒した、ピョン会長。
    再びヒョクを試すため、ガンスフードのインターン試験を受けるように指示する。
    仲間のサポートを受けながら、試験に挑んだジュンとヒョク。
    ジュンは合格したにもかかわらずインターンを断り、再び清掃員の仕事に。
    ヒョクは合格してインターンに。
    そして迎えた初出社の日。
    下請け業者から印鑑をもらうだけの簡単な仕事だと言われ、運転を頼んだジュンと共に向かったのだが…

  8. ガンスフードに契約解除を通告され、自殺しようとしていた下請け業者の社長。
    その場に出くわしたジュンはガンスフードを解雇されて死んだ父親のことを思い出し、ヒョクは元請けの横暴に疑問を感じる。
    下請けも元請けも利益を得られる方法はないか探るヒョク。
    一方ジェフンは、ジュンがヒョクに対し、男として好意を持っている気がして気がかりに。
    それを尋ねられたジュンも、次第にヒョクのことが気になり始める。

  9. 自分を男として意識しているか確かめたいと、ジュンにキスをしたヒョク。
    しかしジュンは何ともないふりをして、友達でいようと自分の思いを隠す。
    一方、ジュンがガンスフードを解雇になったペク・スンギの娘だと突き止めたウソン。
    ジュンを呼び出し、ヒョクに近づいた意図を問いただす。
    そして父親は不当解雇ではなく、収賄の疑いでクビになったと告げる。
    信じられないジュンは事実を確認するため、ジェフンの元へ。

  10. 自分の父親が収賄で解雇された事実が、どうしても信じられないジュン。
    賄賂を渡したと証言した下請け業者を訪ね、真実を話してほしいと詰め寄る。
    そしてジュンが自分と距離を置こうとする理由は、父親のことがあったからだと知ったヒョク。
    父親と兄からは別れろとくぎを刺されるが、応じる気はない。
    むしろガンスグループを自分の手で変えると心に誓ったヒョクは、清掃員たちの履歴書を手に父親の元へ向かい…

  11. ガンスグループを変えると誓ったヒョクは、会長である父親と交渉をし、清掃員のキム・ギソプがキャリア採用されることになった。
    ヒョク自身も仕事を覚えるため、企画室のヤン課長と共に取引先の社長と会うことに。
    しかしそこにはミン代表の姿が。
    その様子に違和感を覚えるヒョクだったが、一緒に酒を飲む。
    後日、ヒョクの兄ウソンのもとを訪れたミン代表。
    彼がウソンに手渡したのは、ヒョクが白い封筒を手にする写真だった。

  12. ウソンの策略でぬれぎぬを着せられたヒョクは、無実の証拠を探すことに。
    ウソンの部屋から写真の基となった動画が保存されたUSBメモリを入手し、ぬれぎぬを晴らす。
    一方、ジェフンはミン代表が雇われ社長であり、BSという親会社の存在を知る。
    しかしその会社の所有者が、公開されていないことを不信に感じる。
    そしてウソンとピョン会長までがBSという会社を擁護。
    理由を確かめるため、ヒョクはピョン会長に詰め寄るのだが…

  13. BSという会社がガンスグループの子会社だと突き止めたヒョク。
    脱税と裏金作りのためと知りながらも、なすすべが見つからない。
    しかし他方では、ピョン会長の裏金に関連した内偵捜査が進んでいた。
    それを知ったウソンはジェフンを怪しむ。
    ミン代表を使ってジェフンの家に手下を忍び込ませ、ノートパソコンを奪取すると、そこにはガンスグループの違法行為を裏付けるファイルが多数保存されていた。

  14. ガンスグループの悪事を告発しようと決めたジェフン。
    検察に出向く時間が迫る中、ヒョクやジュンと共につかの間の休日を楽しむ。
    そしてヒョクの計らいで、天文台を2人で訪れたジェフンとジュン。
    ジェフンは長年の思いをジュンに告げ、1人で検察に向かうが、動きを察知したミン代表らに拉致されてしまう。
    検察に手を回されてしまい、横領罪で逮捕されたジェフンを救うため、ヒョクは味方であるソル専務のもとへ向かい…

  15. ソル専務が持っていた裏金に関する書類を利用して、ジェフンの釈放に成功したヒョク。
    しかし内部告発をせず、自分を助けたヒョクに失望したジェフンはヒョクを殴る。
    こうして絶交したかに見えた2人だったが、実際は違っていた。
    会長と室長を油断させて、彼らが外出している間に金庫からBSに関する契約書を盗み出す作戦だった。
    しかし、ヒョクらを怪しんでいた室長と会長が会社に戻ってきてしまい、見つかってしまう。

  16. 警察の協力もあり、ついにBSに関する契約書が検察の手に渡る。
    ガンスグループの健全な経営のために、会長である父親の悪事を暴いたヒョク。
    苦しみながらも何かが変わると信じ、新たな生活をスタートさせる。
    そんな中、まだ見たことのない世界を見るためにノルウェーに旅立つ決意をしたジュン。
    1年にわたる長い旅になることもあり、ヒョクにだけはなかなか言いだせずにいたが、ついに旅立つ日がやってくる。

以上、韓国ドラマ ピョン・ヒョクの恋について紹介しました。