法廷プリンス - イ判サ判 -の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-法廷プリンス - イ判サ判 --画像

韓ドラ 法廷プリンス - イ判サ判 -の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はパク・ウンビンです。

スポンサーリンク

法廷プリンス - イ判サ判 -はこんな韓国ドラマ

イ・ジョンジュ(パク・ウンビン)は父が自殺し、兄は殺人罪で服役中、母は心労から亡くなってしまう。
兄を刑務所に行かせまいとした彼女は高校生の頃に兄の裁判記録を盗もうとして、担当判事のミョンヒ(キム・ヘスク)に見つかるが、逆にミョンヒに励まされ彼女のような判事になることを決意する。
事件の真相を暴くため猛勉強に励み、司法試験に合格し判事となる。
だがコネもなく、情熱しかないジョンジュは上から問題扱いされる。
そんな中冷静沈着なエリート判事、サ・ウィヒョン(ヨン・ウジン)と共に事件を解決することに。
だが捜査を進めるうちに、ウィヒョンは信頼していたある人物が黒幕ではないかと疑いを持つ。

法廷プリンス - イ判サ判 -の出演俳優

  • パク・ウンビン
  • ヨン・ウジン
  • ドンハ

法廷プリンス - イ判サ判 -の動画

法廷プリンス - イ判サ判 -のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 性的暴行殺人罪で服役中の兄を持つチェ・ジョンジュは、兄に有罪判決を下したユ・ミョンヒ判事との出会いをきっかけに、ソウル地方裁判所の判事となる。
    ある日ジョンジュは、夫殺しの容疑で10年間服役中のチャン・スンボクの記録をひったくりに奪われ大ピンチとなる。
    その上、ジョンジュはその日に担当した別の裁判中、被告人キム・ジュヒョンの挑発的な言動に激怒し、騒動を起こしてしまう。

  2. スンボクは法廷で無実を訴えたあと、血書を残し自殺を図る。
    ジョンジュは担当検事のト・ハンジュンからスンボクの裁判の映像があると聞くが、裁判官のウィヒョンは上からの指示で削除したという。
    そんな中、今度はジュヒョンが裁判中にジョンジュを人質に取り、法廷内に立てこもる事件が発生。
    犯人との交渉役に呼ばれたウィヒョンは、ジュヒョンの要求に従うようジョンジュを説得するのだが…。

  3. ジョンジュの人質事件を耳にしたジョンジュの兄ギョンホは、同じ刑務所にいるジュヒョンを見つけて殴りかかる。
    一方、ジョンジュはスンボクの再審請求を認めるかどうかを悩んでいた。
    そんな中、元刑務官のヨンフンはギョンホの無実を信じ、ウィヒョンにギョンホの冤罪の可能性を調べてほしいと頼む。
    そんな中ジョンジュは代行でギョンホの暴行事件の陪席裁判官として法廷に入ることに…。

  4. ギョンホはジュヒョンへの暴行事件の裁判の途中で、過去にガヨンをレイプし殺害したのは自分ではないと主張し始める。
    そんな中、修習生としてウィヒョンの裁判部にやってきた元アイドルのチン・セラは、ガヨンが履いていた靴に見覚えがないかとウィヒョンに問いかける。
    ガヨンの靴のことでウィヒョンに問い詰められたハンジュンは、ガヨンが昔、ト家の別荘の管理人の娘だったことを打ち明ける。

  5. 知的障がいを持つスンボクの息子ヨンスは、母の無実を訴え1人でデモを続けていた。
    ある日ヨンスの持ち物の中にガヨンと同じ靴を見つけたウィヒョン。
    ウィヒョンの問いかけにヨンスは、ギョンホと一緒にガヨンを助けに行った出来事を話し始めたうえ、犯人の車のナンバーまで口にする。
    新たな真相を知ったウィヒョンとジョンジュは、ギョンホは無実かもしれないという思いにかられる。

  6. ジュヒョンはギョンホに和解しようと話を持ちかけるが、ギョンホはそんなことよりもハンジュンを殺してくれと詰め寄る。
    数年前に判事を辞職し法科大学院の教授となったミョンヒは、研究対象であるジュヒョンとの面談で、ハンジュンが自分の息子であることを伝える。
    一方、スンボクの事件の証拠を捏造した刑事が見つかる。
    しかしスンボクの意識は戻らず、ジョンジュは再審の開始を決定できずにいた。

  7. ハンジュンはガヨンの事件で自分のことを調査してほしいと警察に頼む一方で、ジョンジュには自分はガヨンを殺していないと断言する。
    ハンジュンは父ト・ジンミョンに、ガヨンが殺された日のアリバイを聞くが、ジンミョンはその日は結婚記念日で妻のミョンヒと過ごしていたと主張する。
    そんな中、主席部長のソ・デスは実兄の裁判に裁判官として出席したジョンジュを叱責する。
    するとウィヒョンは…。

  8. 兄は無実だという確信を得たジョンジュはギョンホと面会し、今まで兄を信じようとしなかったことを謝り、涙を流す。
    これまで再審請求を拒み続けていたギョンホは、ジョンジュの兄は殺人犯だという噂が流れたことを知り、再審を申し立てようと決心する。
    ところがそのやさき、ギョンホはジュヒョンにケンカを売られる。
    ジョンジュの名を出しながら挑発してきたジュヒョンに腹を立てたギョンホは…。

  9. ギョンホの死亡事件の担当となったハンジュンは、ジュヒョンの正当防衛だと主張するが、ジョンジュは激しく反論すると同時にハンジュンへの不信感でいっぱいになる。
    しかしハンジュンには、ジュヒョンを正当防衛にしないといけない理由があった。
    そんな中、ウィヒョンはギョンホの死亡事件の裁判を任される。
    ハンジュンは悩んだ末、過失致死で起訴するが、裁判でウィヒョンが下した判決は…?

  10. ギョンホの事件とスンボクの事件の鍵を握っているかもしれないガヨンの父親のキム・イクチョルは、病院で偶然ヨンスと再会する。
    ガヨンとギョンホを殺害した黒幕はジンミョンだとにらんでいるハンジュンは、ジョンジュにそのことを告げる。
    ジョンジュはミョンヒからも、ジンミョンの10年前のアリバイがウソだったことを聞かされショックを受ける。
    そんな中、スンボクが意識を取り戻す。

  11. ウィヒョンはジョンジュがいる部署に異動となる。
    イクチョルはスンボクの再審請求を尋問する法廷で、スンボクが無実だということ以外は何も語らず、そんなイクチョルにハンジュンは、黒幕を明かせと訴える。
    一方、デスはギョンホの再審請求を棄却する。
    そんな中、10年前のスンボクの事件の裁判長を務めたウィヒョンの父ジョンドは、そのころスンボクから送られてきた手紙をウィヒョンに渡す。

  12. ジョンドに送ったスンボクの手紙をもとに、再審にこぎつけるための糸口をつかんだウィヒョンとジョンジュは、スンボクの再審請求を認めるべきだと部長のジラクを説得する。
    大統領選挙を控えたジンミョンは、スンボクの再審開始が決定したことを知り、イクチョルを脅迫する。
    ハンジュンからガヨンを殺したのはジンミョンだと聞いたイクチョル。
    彼はスンボクの公判で事実を証言するだろうか。

以上、韓国ドラマ 法廷プリンス - イ判サ判 -について紹介しました。