最高の一発~時空を超えて~の動画とあらすじ全話

スポンサーリンク

韓ドラ-最高の一発~時空を超えて~-画像

韓ドラ 最高の一発~時空を超えて~の動画とあらすじを最終回まで全話紹介。

主演はユン・シユンです。

スポンサーリンク

最高の一発~時空を超えて~はこんな韓国ドラマ

‘カオラ’という名前の台風が接近したあの日の夜、人気グループ「J2」のリーダー、ユ・ヒョンジェは屋根部屋で台風に巻き込まれて一階に転落し、そのままウスンが運転していた車にはねられてしまう。
車の中にいたウスン、ジフン、ドリルがヒョンジェを病院に運び、事故が誰のせいか責め合っている間に目を覚まして病室を出たヒョンジェは病院の駐車場で自分の車を見つけエンジンをかける。
自分のマネージャーであるグァンジェを見つけ追いかけたヒョンジェが辿り着いた場所は、自分が住んでいた所属事務所<ワールド企画>の建物だった。
しかしそこには自分を覚えていないグァンジェと、スキャンダル相手の一人だったボヒが住んでいた。
同じ場所のはずなのに変わってしまった人々…偶然、ワールド企画の前で、事故を起こした車に乗っていたジフンが屋根部屋に入るのを見かけたヒョンジェは交通事故の後遺症で記憶喪失になったふりをし、当分の間屋根部屋でジフンと一緒に暮らすことにする。
本名も明かせず適当にジェヒョンと名乗り、そこでニートのような生活をしていたヒョンジェは、もう一度自分の特技を発揮してみることに。
事務所<スター天国>から契約解除されたジフンと、失敗したマネージャー・グァンジェを助けるために、グァンジェを説得してワールド企画のアイドルグループを作ることを決意。
そしてジフンの長い片思いも終わらせてあげようと決心するのだが、いつの間にか自分もウスンに片思いをしていることに気づくヒョンジェ。
その頃、事故に遭った日の夜と同じ名前の台風‘カオラ’が接近していることが明らかになるのだが…

最高の一発~時空を超えて~の出演俳優

  • ユン・シユン
  • キム・ミンジェ
  • イ・セヨン
  • チャ・テヒョン
  • ユン・ソナ

最高の一発~時空を超えて~の動画

最高の一発~時空を超えて~のあらすじを最終回まで全話ネタバレ

  1. 1993年 新人デュオJ2として注目を浴びていたユ・ヒョンジェが突然失踪した。
    時は2017年。
    ソウル大に通う公務員予備校生イ・ジフンはアイドルを夢みているが、父として育ててくれているワールド企画の社長イ・グァンジェには内緒だ。
    3人暮らしを始めるジフンと幼なじみチェ・ウスン、アイドル練習生のドリル。
    3人が車で走っていると目の前に飛び出した男性がいた。
    それは1993年から来たユ・ヒョンジェだった。

  2. 病院に運び込まれたユ・ヒョンジェはまだ自分が人気者だと勘違いしているが、真新しい物を目にして自分が20年先に来たと悟る。
    そしてワールド企画の屋根部屋へ行こうとして病院を抜け出すと、目の前に20年前に自分が乗っていた車があった。
    後部座席に眠ったウスンを乗せたままヒョンジェは屋根部屋へ向かう。
    ウスンは道中、放り出されてしまうが、ヒョンジェが向かう部屋は今はジフンとウスンとドリルが暮らす部屋であった。

  3. ヒョンジェも屋根部屋に加わり内緒の4人暮らしが始まる。
    ジフンがグァンジェを“お父さん”と呼ぶのを聞き、グァンジェとボヒの息子だと思ったヒョンジェは、昔を思い出して気分は複雑だ。
    ボヒとヒョンジェの間には過去があった。
    ウスンは公務員試験の当日、おなかを壊して試験を途中で退席し不合格。
    同じ日にデビューを決める評価会があったジフンは、その場で突然、フリースタイルラップを披露するように言われて戸惑うが…。

  4. ヒョンジェは自分が失踪したスリョン湖にウスンに連れていってもらうことにした。
    そこには汚れた写真がありボヒの字で“いつまでも待ってる”と記されていた。
    帰りにウスンのバイト先であるコンビニに一緒に行ったが、何とMJが現れた。
    ヒョンジェが作った曲を自分の曲として売っていたMJを問い詰めようとしたが、ファンが押しかけ大騒ぎになる。
    そして帰り道、ヒョンジェは酔って1人で道ばたで寝ているボヒを見かける。

  5. ついにグァンジェに存在を知られたヒョンジェ。
    グァンジェはどうしても信じられない。
    とにかくボヒやスンテには存在がバレないようにと念を押した。
    ある日東大門に来たヒョンジェはカラオケイベントで歌を披露する。
    それは昔のJ2の曲だった。
    ジフンとウスンもヒョンジェの実力に驚く。
    1位の賞品である携帯電話をもらって大喜びのヒョンジェにジフンが「俺の時計を勝手にするな」と言う。
    それは父の形見の時計だと言うが…。

  6. 時計が父の形見だというジフンの言葉を理解できなかったヒョンジェが問いただすと、グァンジェはジフンがヒョンジェの息子だと告白した。
    母親はボヒだと言われたがヒョンジェは覚えていない。
    グァンジェの誕生日はヒョンジェが失踪した日。
    ボヒは命日の食卓を整えてヒョンジェを忘れようとする。
    しかしそこに天井から誰かが落ちてきた。
    それは隠れていたヒョンジェだった。
    ワールド企画のビルは競売にかけられる直前だった。

  7. スンテとボヒの前にも姿を現したヒョンジェ。
    グァンジェは単なるジフンの友達だと言ってごまかす。
    ジフンは練習生だとグァンジェにバレて猛反対される。
    屋根部屋の居候のこともバレた。
    ウスンはスター天国のインターンのバイトに採用され、そのお祝いに肉を食べようとジフンを誘う。
    その場にヒョンジェもいると知ったジフンはヘリと焼き肉を食べに行く。
    店でヘリがジフンに告白した瞬間、ウスンとヒョンジェが同じ店に入ってきた。

  8. ドアのパスワードを調べるためにプレゼントをあげながらウスンの誕生日を聞き出そうとするヒョンジェの姿にジフンはいらだつ。
    ヒョンジェはウスンがいる部屋に隠していた金がまだあるか確認したいのだ。
    そのころベーカリーでバイトが必要になりヒョンジェがすることになる。
    昔のヒョンジェを思い出して、怪訝そうな顔をするボヒ。
    一方ジフンは、ついにウスンに告白をする。
    ちょうど陰にいたヒョンジェはそれを耳にしたが…。

  9. ジフンの写真がSNSで話題になって人気が出る。
    スター天国からデビューが決まっていた1人が不祥事を起こしジフンがチャンスを得る。
    そのオーディションの晩。
    山へ行って足をくじいたウスンが、ヒョンジェに助けを求め、ヒョンジェはジフンを応援するためジフンにそれを教えていた。
    しかしジフンはオーディション中。
    それを知ったヒョンジェはウスンが待つ山へ行く。
    遅れてメッセージを確認したジフンも事務所を飛び出すが…。

  10. 山からウスンをおんぶして下りるヒョンジェ。
    親しげに話す様子をジフンは見てしまう。
    ヒョンジェは自分がウスンに惹かれていることに少しずつ気付くが否定しようとする。
    ワールド企画の社長グァンジェが苦しい状況にあるのを知ったヒョンジェはヨンジェの元を訪れる。
    そして総括プロデューサーという役職でスター天国で働き始める。
    ウスンはそこのインターン。
    ある日、ウスンがロビーで撮影中の照明を倒してしまいケガをする。

  11. 同じ事務所で働くようになったウスンとヒョンジェ。
    「バイト、バイト」と言いながら、ヒョンジェはだんだんウスンに惹かれていく。
    ある晩ジフンはグァンジェと2人で夜釣りに出て、グァンジェにデビューをさせてほしいと頼む。
    その晩はドリルも予備軍のために家を空けていた。
    つまり屋根部屋にはウスンとヒョンジェが2人きり。
    雨にぬれたヒョンジェが風邪をひいたのか、せきをしている。
    気になったウスンが様子を見に行くと…。

  12. 夜釣りから戻ってヒョンジェとウスンが2人きりだったと知ったジフンは気が気ではない。
    ヒョンジェに、ウスンのことは諦めてほしいとお願いする。
    ヒョンジェも、身に覚えはないが息子の頼みなので、ウスンのことを忘れようとわざと冷たく接する。
    しかしウスンはヒョンジェの態度が気になってしかたない。
    ある晩、ベーカリーでボヒの携帯の暗証番号が“22198”だと知ったヒョンジェ。
    ポケベルの数字には意味があった。

  13. ウスンへの思いを打ち明けたヒョンジェ。
    ウスンもヒョンジェを好きになっていた。
    ウスンは屋根部屋を出ることを決心し新しい部屋へ引っ越す。
    ヒョンジェは内緒でその部屋に先に行き…。
    ワールド企画では投資を受けてジフンのデビューを進める計画を立てていた。
    ジフンに曲を提供するのはヒョンジェ。
    しかしジフンはヒョンジェの正体を知っていた。
    そしてヒョンジェに「父親はグァンジェ1人」だと言い冷たくあしらう。

  14. ウスンにも正体を打ち明けたヒョンジェ。
    過去から来てまた過去に戻るかもしれないヒョンジェのことをウスンは受け入れられず、冷たい態度を取る。
    一方、ワールド企画に投資する予定だった人々が、ヨンジェの根回しにより投資を断ってきた。
    それを知ったヒョンジェは昔の印税の小切手を持ってヨンジェの所へ行き、それと引き換えにMJの契約を打ち切るよう話を持ちかける。
    大金を前にヨンジェはMJとの契約を破棄するが…。

  15. ヒョンジェを忘れられないウスンは、ヒョンジェのもとに走る。
    しかしヒョンジェが消えてしまうのではないかと不安を感じているウスン。
    そんな折、ソウルに台風がやってくる。
    それは1993年の台風“カオラ”と似ている双子の台風。
    過去の自分がいなければ現在のいろいろなことが変わってしまうと気付いたヒョンジェは、台風の晩、ウスンが寝ている間に屋根部屋に向かう。
    そして1993年と同じように狭い階段から落ちると…。

  16. ヒョンジェが戻ったのは1994年。
    そこにもう1人のヒョンジェがいた。
    ヒョンジェが死亡したという日、彼がスリョン湖にいるという知らせを聞き、93年のヒョンジェはスリョン湖に向かい2人は顔を合わせる。
    2017年のボヒやグァンジェ、そしてジフンのことを聞いたヒョンジェは自分の運命を受け入れる決意をする。
    そして、1993年のヒョンジェは再び階段から落ちてタイムトラベルをする。
    そして行った先は…。

以上、韓国ドラマ 最高の一発~時空を超えて~について紹介しました。